2018.6.12 11:34

14位と低迷の長野、浅野監督が退任…阪倉HCが新監督に就任

14位と低迷の長野、浅野監督が退任…阪倉HCが新監督に就任

特集:
浅野拓磨
14位と低迷の長野、浅野監督が退任…阪倉HCが新監督に就任

14位と低迷の長野、浅野監督が退任…阪倉HCが新監督に就任【拡大】

 AC長野パルセイロは12日、浅野哲也監督が双方協議の上で退任。併せて阪倉裕二ヘッドコーチが監督に就任すると発表した。

 浅野監督は茨城県出身の51歳。現役時代は名古屋グランパスエイト、FC東京などでプレーした。指導者としては、湘南ベルマーレのコーチやアビスパ福岡の監督などを経て、2017年から長野で指揮を執っていた。

 浅野監督は長野公式サイトを通じ、「J3参入から5年目となる節目の今シーズン、J3優勝、J2昇格をかなえるべく覚悟を持って努力して参りましたが、開幕から12試合を消化した現時点での成績、チーム状況等、クラブとの協議の上、このような運びとなりました」とコメント。

 明治安田生命J3リーグ第13節を終え、2勝6分け4敗で14位に低迷していることが、退任の原因の1つだと明かした。

 阪倉新監督は、三重県出身の51歳。現役時代はジェフユナイテッド市原(現千葉)や名古屋でプレーした。指導者としては、栃木SCの監督や横浜FC、清水エスパルスのコーチなどを経て、今季より長野のヘッドコーチを務めていた。

 阪倉新監督は長野公式サイトを通じ、「ヘッドコーチとして、浅野監督をしっかりサポートできず、このような状況になってしまったことを大変申し訳なく思っております。急ではありましたが、浅野監督の意思を引き継ぐためにも、クラブからの監督就任の依頼を受けさせていただくことにしました」と、コメントしている。

 また、株式会社長野パルセイロ・アスレチッククラブの代表取締役社長・堀江三定氏は、「浅野監督には、昨シーズンから指揮をお執りいただき、地域の皆さまにも多大なるご支援を受け、目標達成のため誠実に取り組んでいただき、本当に感謝しております。今後も、決して諦めることなく、残りの試合をクラブ一丸となり一体感を持って必死に戦っていく所存です」と、退任の理由が今季の低迷にあるとしながらも、浅野監督への感謝、引き続きJ3優勝を目指すメッセージを発信した。

 長野の次節は16日、アウェイでグルージャ盛岡と対戦する。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 14位と低迷の長野、浅野監督が退任…阪倉HCが新監督に就任