2018.6.12 05:02(1/2ページ)

史上初PK戦やり直し…名古屋-奈良クラブで不正フェイントも審判が適用誤る/天皇杯

史上初PK戦やり直し…名古屋-奈良クラブで不正フェイントも審判が適用誤る/天皇杯

サッカー天皇杯でのPK戦やり直しについて説明する、実施委員会の須原清貴委員長=東京都文京区

サッカー天皇杯でのPK戦やり直しについて説明する、実施委員会の須原清貴委員長=東京都文京区【拡大】

 日本協会は11日、東京都内で臨時の天皇杯実施委員会を開き、2回戦の名古屋-奈良クラブ(6日、パロ瑞)でのPK戦を取り消し、1人目からのやり直しを発表した。日時や会場は未定。

 協会によると、天皇杯でPK戦のやり直しは史上初。Jリーグの下部に当たる日本フットボールリーグのチームがJ1名古屋を倒した天皇杯ならではの番狂わせは、異例の仕切り直しとなった。

 ミスとなった事案は奈良クラブの4人目。選手が蹴る直前に不正なフェイントを入れた行為があり、競技規則第14条ではキックの失敗とすべき場面だった。しかし、主審は蹴り直しを命じ、この選手は成功。規則を正しく適用していれば名古屋が勝っていた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 史上初PK戦やり直し…名古屋-奈良クラブで不正フェイントも審判が適用誤る/天皇杯