2018.6.9 12:26

日本代表・川島「正直、収穫あったかどうかは分からない」

日本代表・川島「正直、収穫あったかどうかは分からない」

特集:
西野JAPAN
川島永嗣
日本代表・川島「正直、収穫あったかどうかは分からない」

日本代表・川島「正直、収穫あったかどうかは分からない」【拡大】

 「正直、収穫があったかどうかは分からないです」

 そう語るのは、スイス戦でフル出場した日本代表GK川島永嗣だ。

 日本代表は現地時間8日、国際親善試合でFIFAランキング6位の強豪スイスと対戦。42分にPKで先制されると、82分にはカウンターでリードを広げられる。日本代表はチャンスをほぼ作ることができぬまま、0-2の完敗を喫した。

 川島は「今の自分たちに一番大切なのは結果だと思う。どんなに話し合っても、結果が出なければ意味がない。手ごたえっていうのものは、結果から得られるもの」と、率直な感想を述べた。

 日本代表は5月30日に開催されたキリンチャレンジカップ2018・ガーナ代表戦に続き、スイス代表戦でもPK献上。同じように先制されたことについて川島は「自分たちの我慢強さが必要」だが、「そういう状況になった時にもう一度、自分たちが前に出ていく力も必要」と、攻守両面での力強さが必要だと強調した。

 記者から試合後のチームの雰囲気を問われた川島は、「この状況の中でやるしかないってことは分かっている。どれだけ改善できるかということは変わらないです」と返答。そして、次のようにチームの現状を語った。

 「前の試合に比べればいい面が出てきてる。そういう意味でポジティブになれる部分はありますけど、ポジティブになることが全てではないと思う。守備の面でも、崩されてないのに失点を喫してしまうのは、自分たちが真剣に向き合っていかないといけない部分。チーム全体でやるところと、局面局面でやるべきところを詰めていかないといけない」

 日本代表は12日、2018FIFAワールドカップ・ロシア本戦前、最後の国際親善試合で、パラグアイ代表と対戦する。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  • 後半、失点し肩を落とす川島、吉田=スイス・ルガノ(撮影・甘利慈)
  • 前半、PKで失点する川島=スイス・ルガノ(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 日本代表・川島「正直、収穫あったかどうかは分からない」