2018.6.7 17:20

堂安、「マラドーアン」のニックネームはうれしい 憧れは「メッシとマラドーナ」

堂安、「マラドーアン」のニックネームはうれしい 憧れは「メッシとマラドーナ」

特集:
堂安律
堂安律

堂安律【拡大】

 サッカー、オランダ1部エールディヴィジのフローニンゲンに所属する堂安律(19)が7日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に出演。憧れの選手を聞かれ、メッシとマラドーナの名前をあげた。

 衝撃的だった人物との出会いについて聞かれた堂安は「間違いなくサッカー面では圧倒的」と宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=の名前をあげた。堂安がG大阪の練習に参加した高2のころに、ドイツから帰国していた宇佐美が練習に参加しており「日本人の人と感覚が違くて。当たれないとか、いちばん驚いたのがシュートのうまさが、すこしレベルが違いましたね」振り返った。

 ドイツで一緒に食事に行ったときに、宇佐美が「自分のレベルの低さを感じた」と語っていたことを明かし、「やっぱり世界のトップのトップを見ている人らはそう感じて自分と向き合ってプレーをしているんだなと思った」と、技術面でも精神面でも大きな影響を受けているという。

 無条件で憧れる選手は誰かと問われた堂安は、メッシとマラドーナの名前をあげた。サッカーファンの間で、「マラドーアン」という呼び方があるということについて聞かれると「すごくうれしかったですね」と素直な気持ちを語った。メッシが「華麗で、見ている選手がみんなが天才と思う」プレースタイルの一方で、マラドーナは「僕の思っている感じでは、突進というかツッコんでいくようなドリブルのプレースタイルなので。僕はどちらかというと、このフィジカル、体を生かしたプレーなのでそっちに向いているのかなと思うので、そう言われたときはうれしかったです」と説明した。

 今後の抱負を聞かれると、堂安は「今後、試合も見てほしいですけど、ヤフーニュースで堂安律を検索して、点を取っているという結果だけ届けたい。一流はそれができると思うので」と答えた。「試合を見ていない人たちを、ひとつの文で『堂安また点とっとるわ』って思わせる選手になります」と宣言した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 堂安、「マラドーアン」のニックネームはうれしい 憧れは「メッシとマラドーナ」