2018.6.4 17:41

原口のハノーバー入りが秒読みに…W杯前に成立の可能性も

原口のハノーバー入りが秒読みに…W杯前に成立の可能性も

特集:
原口元気

 日本代表MF原口元気は、ロシア・ワールドカップ(W杯)前にヘルタからハノーバーに移籍することになるようだ。ドイツ誌『キッカー』によれば、クラブ間は合意に近づいているという。

 レンタルプレーヤーとしてFW宇佐美貴史とともにフォルトゥナ・デュッセルドルフの1部昇格に貢献した原口だが、完全移籍で同クラブに残ることはなく新クラブに向かう。先日FW浅野拓磨がアーセナルから1年間の期限付きで加入したハノーバーは、ヘルタとの交渉がほぼまとまっていると伝えられている。

 当初の報道では、ハノーバーは原口の獲得に向けてヘルタに300万ユーロ(約3億9000万円)の移籍金を提示したのに対し、ヘルタ側は500万ユーロ(約6億4000万円)を要求していたと伝えられていた。また、ヘルタは原口の去就についてはW杯後の決定を希望していた模様。しかし、新たな報道によると、ハノーバーはオファーを500万ユーロ近くに上げ、ヘルタと概ね合意に至ったという。

 従って、原口のハノーバー移籍はW杯前に完了することも考えられるとのこと。また『キッカー』曰く、フォルトゥナのほか、ともに名が明らかになっていないブンデスリーガもう1つのクラブ、そして国外の1クラブも原口の獲得に具体的に動き出していたが、ハノーバーが争奪戦を制したと見られる。

 なお2016-17シーズンは2部に所属していたハノーバーだが、今シーズンは1年ぶりに1部に復帰。アンドレ・ブライテンライター監督の下で、シーズンを13位で終えた。過去には現マルセイユのDF酒井宏樹や、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣、山口蛍が所属し、同クラブ4人目の日本人選手の浅野に続き、原口は5人目となることがもはや既定路線となっているようだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 原口のハノーバー入りが秒読みに…W杯前に成立の可能性も