2018.6.2 13:08

ポチェッティーノ監督、レアル行きを否定せず「トットナムで幸せだが明日何が起きるかわからない」

ポチェッティーノ監督、レアル行きを否定せず「トットナムで幸せだが明日何が起きるかわからない」

ポチェッティーノ監督、レアル行きを否定せず「トットナムで幸せだが明日何が起きるかわからない」

ポチェッティーノ監督、レアル行きを否定せず「トットナムで幸せだが明日何が起きるかわからない」【拡大】

 トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、Rマドリード指揮官就任の噂を否定しなかった。

 今シーズン、史上初のチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたRマドリードだが、5月31日にジネディーヌ・ジダン監督が退任を発表。後任にはさまざまな名称の名前が挙がっており、先日にトットナムと2023年までの5年契約を結んだばかりのポチェッティーノ監督もその1人として有力視されている。

 そして1日、スペイン『アス』のインタビューに応じたポチェッティーノ監督は、ジダン監督の後任について問われ「私は今を生きていて、それ以上に重要なことはない。でも、友人からフットボールに身を任せ、運命を変えようと思うべきではないと言われた」と報道を過熱しかねない発言を残した。

 また、バルセロナで行われた本の出版イベントにも登場した際、Rマドリード行きの可能性についてもポチェッティーノ監督はコメントした。

 「10日前にトットナムと新契約を結んだばかりだ。私はとても幸せで、今後が楽しみだ。でも、明日何が起きるかはわからない。私はトットナムで幸せで、トットナムからの献身性や信頼に誇りを感じている。あのニュースがあった直後からさまざまな憶測が流れているが、私はロンドンで幸せだと言える」(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. ポチェッティーノ監督、レアル行きを否定せず「トットナムで幸せだが明日何が起きるかわからない」