2018.6.1 20:09

カペッロ氏、電撃辞任のジダンを支持「正しい選択をした。CLを逃していればペレス会長なら…」

カペッロ氏、電撃辞任のジダンを支持「正しい選択をした。CLを逃していればペレス会長なら…」

カペッロ氏、電撃辞任のジダンを支持「正しい選択をした。CLを逃していればペレス会長なら…」

カペッロ氏、電撃辞任のジダンを支持「正しい選択をした。CLを逃していればペレス会長なら…」【拡大】

 過去にRマドリードを率いた経験を持つファビオ・カペッロ氏が31日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、レアル指揮官を辞任したジネディーヌ・ジダンに理解を示した。

 史上初のチャンピオンズリーグ3連覇からわずか5日後の31日、ジダン監督はRマドリードからの退任を発表。2016年の就任から3シーズンで3度のCL制覇を含め数々のトロフィーをクラブにもたらした指揮官の電撃辞任は注目を集めた。

 1996-97シーズンおよび2006-07シーズンにレアル監督を務めたカペッロは、自身の経験を基に、ジダンの決断に理解を示した。もしチャンピオンズリーグ決勝でリバプールに敗れていた場合、解任されていた可能性を指摘している。

 「ジダンは正しい選択をした。誰かに決められる前に、自ら決断したのだろう。フロレンティーノ(ペレス)会長を知る限り、あの勝利がなければ、彼は解任されていただろう。私の場合、勝利したあとですらお払い箱になった。私はジズーが最も正しい選択をしたと考える」

 続いてカペッロは、ジダンがすでに偉大な指揮官であることを認めつつ、他の名将に肩を並べるためには今後、他のクラブにおいても実績が求められると主張した。

 「獲得したタイトルを見れば、彼は偉大な監督であると言える。これからは(カルロ)アンチェロッティや(ジョゼ)モウリーニョ、(ジョヴァンニ)トラパットーニ、(ユップ)ハインケスのように、他のクラブでも優勝できることを証明しなければならない。それでもRマドリードにおいて数多くのタイトルを獲得した監督の一人であると言えるだろう」

 最後にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて言及。今夏のレアル退団を予想した。

 「彼はマンチェスターUへ戻り、同胞のモウリーニョの指導を受けたいと思っているだろう。現在、CR7の代役になりえる唯一の選手は、(ロベルト)レヴァンドフスキだけだろう」(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. カペッロ氏、電撃辞任のジダンを支持「正しい選択をした。CLを逃していればペレス会長なら…」