2018.5.18 23:31

98年W杯抽選で「細工」? プラティニ氏が暴露

98年W杯抽選で「細工」? プラティニ氏が暴露

 欧州サッカー連盟(UEFA)のプラティニ前会長が、地元フランスで開催された1998年ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選で、決勝までフランスとブラジルが当たらないよう「小さな細工をした」と明らかにした。フランスのラジオ局に語った話として18日、AP通信が報じた。プラティニ氏は大会組織委の会長を務めていた。

 同大会はフランスが決勝で、94年米国大会で4度目の頂点に立ったブラジルに3-0で快勝し、初制覇を果たした。

 97年12月に行われた組み合わせ抽選は国際サッカー連盟(FIFA)で当時事務総長を務めていた、FIFA前会長のブラッター氏が監督した。ブラッター、プラティニ両氏は法的根拠のない金銭授受を理由に、現在は活動停止処分中となっている。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 98年W杯抽選で「細工」? プラティニ氏が暴露