2018.5.18 21:48(1/2ページ)

「“終わり”だと思われたくない」ピルロ氏、引退決断の理由明かす

「“終わり”だと思われたくない」ピルロ氏、引退決断の理由明かす

「“終わり”だと思われたくない」ピルロ氏、引退決断の理由明かす

「“終わり”だと思われたくない」ピルロ氏、引退決断の理由明かす【拡大】

 昨年11月に現役引退を迎えた元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロ氏が、『ヴァニティ・フェア』イタリア版のインタビューに応じ、引退理由などを明かした。

 “マエストロ”ことピルロ氏は現役時代、ACミランやユベントスで活躍。ACミランでは2度のチャンピオンズリーグ優勝を果たしたほか、2006年にはイタリア代表としてドイツ・ワールドカップも制した。2015年夏からはMLSに拠点を移し、ニューヨーク・シティでプレーしていたが、昨年11月に現役を引退。38歳のピルロ氏は、決断の理由を明かしている。

 「僕が酷いパスミスをしたり、シュートを外したりして、スタンドの観客が顔を見合わせる。そして、『ピルロは年を取った。終わりだ。もうもたない』などと考える。そんな状況は訪れて欲しくなかったんだ。僕は耐えられなかっただろう」

 また元イタリア代表MFは、子供の頃からサッカー選手を目指すことしか考えていなかったと振り返る。

 「プランBは持っていなかった。兄と一緒にゴムボールでプレーを始めた。僕はいつもサッカーをすることしか考えていなかった。僕の運命だったのだろう」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 「“終わり”だと思われたくない」ピルロ氏、引退決断の理由明かす