2018.5.18 07:38

浅野はハノーバー入り濃厚…同クラブ会長が獲得明言、過去に清武&酒井宏らがプレー

浅野はハノーバー入り濃厚…同クラブ会長が獲得明言、過去に清武&酒井宏らがプレー

特集:
浅野拓磨
酒井宏樹
浅野はハノーバー入り濃厚…同クラブ会長が獲得明言、過去に清武&酒井宏らがプレー

浅野はハノーバー入り濃厚…同クラブ会長が獲得明言、過去に清武&酒井宏らがプレー【拡大】

 アーセナルからシュツットガルトに期限付き移籍していたFW浅野拓磨は、新シーズンはハノーバーで過ごすことが決定的となった。ハノーバーのマルティン・キンド会長がドイツメディア『シュポルトバザー』に対して認めている。

 2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに加入した浅野だが、就労ビザの理由によりイングランドでプレーすることはなく、そのままレンタルでシュツットガルトへと移籍。ドイツでの1シーズン目は当時2部所属のチームでレギュラーとしてプレー。1部に昇格し、今シーズン前半戦こそリーグ戦15試合(1ゴール)に出場するも、今年1月にタイフン・コルクト監督が就任すると、その後1試合にも出場しないままシーズンを終えた。

 そしてレンタルが終了し、一旦アーセナルに帰還する予定だった浅野は、新シーズンもブンデスリーガ1部で過ごすことが決定。キンド会長は「彼を1年の期限付きで加えることになった」と明言した上で、「スポーツ部門のトップは、彼をポジティブに評価した」と同選手の獲得を説明している。

 昨季は2部に所属していたハノーバーは、今シーズンは1年ぶりに1部に復帰。アンドレ・ブライテンライター監督の下での今シーズンの最終順位は13位。今夏シャルケに移籍することになるセネガル代表DFサリフ・サネやリーグ戦14ゴールを記録したドイツ人FWニクラス・フュルクルーグが主力選手を務めるチームだ。

 なお、ハノーバーには過去には現マルセイユのDF酒井宏樹(2012年夏~2016年夏)、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣(2014年夏~2016年夏)、山口蛍(2016年1月~同夏)が所属し、浅野は同クラブでプレーする4人目の日本人選手となる。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 浅野はハノーバー入り濃厚…同クラブ会長が獲得明言、過去に清武&酒井宏らがプレー