2018.5.17 15:44(1/4ページ)

日本とヨーロッパの違い…中島翔哉のブレイクも不思議ではない 林舞輝氏インタビュー第1回

日本とヨーロッパの違い…中島翔哉のブレイクも不思議ではない 林舞輝氏インタビュー第1回

特集:
中島翔哉
日本とヨーロッパの違い…中島翔哉のブレイクも不思議ではない 林舞輝氏インタビュー第1回

日本とヨーロッパの違い…中島翔哉のブレイクも不思議ではない 林舞輝氏インタビュー第1回【拡大】

 世界のサッカーは変化している。日本が、日本を見ている間に世界は次の段階に進んでいる。

 「今ペップが日本代表の監督になっても日本はW杯で勝てないし、モウリーニョがやっても勝てないし、僕が例えば20年後、30年後、40年後にペップ以上の監督になって、日本代表の監督になったとしても勝てないので。本当に。だから監督だけではないんです。もっともっといろんなことをやらないと」

 指導者養成の名門・ポルト大学大学院で学ぶ23歳の若者がいる。高校卒業後、英国の大学でスポーツ科学を学び、勉学のかたわらチャールトンFCの育成組織(U-10)とスクールのコーチを務めた。大学卒業後はポルト大学大学院で最先端のスポーツ科学と指導法を学びながら、ポルトガル1部・ボアビスタのU-22チームでアシスタントコーチを務めている。モウリーニョが主催する指導者養成講座で日本人初の合格者となった。

 そして日々、SNSで活発に発言を続ける。

 今までにないアプローチでサッカーに向き合う新世代の指導者・林舞輝氏。彼は一体何者なのか? Goal編集部ではそのある種”異質”な存在に興味を持ち、話を聞いた。欧州で学び指導する実際、日本との差、そして欧州最先端の戦術。多岐にわたったインタビューを3回に分けて掲載する。

 ■日本にいたら「もっと勝負にこだわれ」って言う

 --最初に、海外でサッカーを学ぼうと思った理由を教えてください

 サッカーを学ぶのだったらその選択肢しかありませんでした。僕がお相撲さんになりたかったら日本にいましたが、より高いレベルでサッカーを学術的に学びたかった。となると日本にいるという選択肢はなくなってしまいました。すごく海外志向があったとか、そういうわけではないんです。

 あとは、環境も大きかったですね。父が読売クラブの選手で、母も「女子サッカーって何?」っていう時代に真剣にサッカーをやっていました。サッカーをしたいがために日本に二つしかない女子サッカー部がある大学でかつ女子サッカー先進国のアメリカとの交換留学ができる大学を選んだような人です。父は読売クラブの後ドイツに渡って。父と母は1990年のW杯イタリア大会で出会っているんです。なので、生まれたときから海外のサッカーの話を聞いていたし、話していた。そういう環境だったので、自然なことだといえば自然なんですよね

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 日本とヨーロッパの違い…中島翔哉のブレイクも不思議ではない 林舞輝氏インタビュー第1回