2018.5.17 12:29(1/2ページ)

酒井宏、EL決勝欠場に胸中明かす「悔しい思いをできなかったことが悔しい」

酒井宏、EL決勝欠場に胸中明かす「悔しい思いをできなかったことが悔しい」

特集:
酒井宏樹
酒井宏、EL決勝欠場に胸中明かす「悔しい思いをできなかったことが悔しい」

酒井宏、EL決勝欠場に胸中明かす「悔しい思いをできなかったことが悔しい」【拡大】

 マルセイユは、16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝でAマドリードと対戦し、0-3と敗れた。DF酒井宏樹は「悔しい思いをできなかったことが悔しい」と胸の内を明かした。

 数々の強豪を破り、決勝に進んだマルセイユ。フランス・リヨンの地で25年ぶりの欧州制覇を目指し、サポーターも大歓声で後押しした。しかし、アトレティコに力の差を見せつけられる結果に。4分で失点すると、反撃できず、3点を献上して敗れた。

 先週、膝の負傷から復帰した酒井。決勝戦へ向け懸命な回復に努めてきたが、ベンチ入りするも出場機会は訪れず。大一番をベンチで見守ることとなった。しかし、酒井に不満はないという。

 「まったく不満はないです。(フル出場したリーグ・アン第37節)ギャンガン戦のあとのリカバリー具合とかも含めてプロの体ではなかったですし、単純にブナ(サール)というチョイスだったと思います」

 「コンディションもフィジカルも、全部含めて。頭もスッキリしていなかったです。3週間プレーできなかったので。ここまで調整してきただけにすごく残念でしたけど、まあでも、納得です」

 そして、膝の状態について「痛みがなくなることはしばらくない」と難しい状態を明かした。

 「動きの部分だけナチュラルにできるようになるとか、もう一度ならないようにとか、そのためのリハビリは続けています。あとはもう、気合だと」

 「もちろん、もう一回なったらわからないですけど、全然プレーする分には大丈夫です。膝の怪我なので早く治ることはないですが、大丈夫です」

 インタビューの冒頭で「不満はない」と話していた酒井。しかし、「悔しい思いができなかったことが悔しい」と胸の内を明かした。

【続きを読む】

  • アトレチコ・マドリード戦終了後、サポーターの声援に応えるマルセイユの酒井宏。ベンチ入りしたが出場機会はなかった=リヨン(共同)
  • アトレチコ・マドリードに敗れて、落ち込む仲間をなぐさめるマルセイユの酒井宏(右)=リヨン(ゲッティ=共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 酒井宏、EL決勝欠場に胸中明かす「悔しい思いをできなかったことが悔しい」