2018.5.17 11:30

【J試合情報】ヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌 5月20日

【J試合情報】

ヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌 5月20日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・神戸は札幌戦通算12試合で6勝している(3分3敗)。同カードでは1試合平均1.75ポイントを獲得しており、10回以上対戦しているクラブの中で2番目に多い(大宮戦の1.85ポイントに次ぎ)。

 ・神戸は札幌戦最初の4試合で1勝もできなかったが(1分3敗)、その後は8試合連続無敗(6勝2分)。

 ・札幌が最後に神戸戦で勝利したのは2001年9月で、5-2で勝利した。この5得点は1試合でのクラブ史上最多タイ得点数となっている(2002年11月の広島戦の5-4と並び)。

 ・神戸は今季ホーム戦で計7ポイントしか獲得していない(2勝1分3敗)。同地での数字としてはリーグで3番目に少ない(川崎、鳥栖と並び)。

 ・札幌は現在、クラブ史上最長の11試合連続無敗(7勝4分)。この間、6試合で無失点に抑えている。

 ・札幌は今季リーグで3番目に多い被シュート数を記録しているが(195)、シュートブロックの回数は今季リーグで最も多い(57)。

 ・札幌は試合時間最後の30分間の得点数が今季リーグで最も多い(13)。対する神戸は同項目で2位タイに位置している(10、広島と並び)。

 ・しかし、神戸は試合時間最後の30分間での失点数もリーグで3番目に多い(9)。

 ・2010年~2013年まで神戸に在籍していた都倉賢は、FW登録の選手の中で今季リーグ3位の空中戦勝率を記録している(63.5%、50回以上空中戦を記録している選手の中で)。同部門での1位はジェイで(64.9%)、2位はウェリントン(64%)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】ヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌 5月20日