2018.5.17 11:30

【J試合情報】サガン鳥栖vsFC東京 5月20日

【J試合情報】

サガン鳥栖vsFC東京 5月20日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・今対戦カード通算12試合では、鳥栖が4勝、FC東京が5勝とほぼ五分の成績となっている(3分)。

 ・鳥栖はFC東京戦で1試合平均1.5得点を決めている。10回以上対戦しているクラブの中で、2番目に多い数字である(浦和戦の1.67点に次ぎ)。

 ・鳥栖はFC東京戦で現在5試合連続無敗(2勝3分)。それ以前の同カード7試合では5敗していた(2勝)。

 ・鳥栖は今季ホーム戦で無失点に抑えたことがない唯一のチーム。昨季の5月終了時点では、本拠地でのクリーンシート数が5試合連続を含む、リーグ最多の5回を記録していた。

 ・FC東京は現在3試合連続クリーンシートを記録している。同クラブが最後に3試合連続で無失点に抑えたのは、昨年4月から5月以来。

 ・FC東京は、九州地方での直近8試合では1勝しかしていない(3分4敗)。しかし、この1勝は今季の長崎戦で記録したもの(4月8日:5-2)。

 ・今カードの両クラブは、今季ともにPKからの得点数がリーグ最多(3)で、両チームとも決定率は100%。

 ・2007年~2015年までFC東京に在籍していた権田修一は、今季リーグワースト2位のセーブ率を記録している(62.5%)。一方、2013年~2016年まで鳥栖に在籍していた林彰洋は今季リーグ4位のセーブ率を記録している(77.2%)。※順位は5試合以上出場しているGKの中で

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】サガン鳥栖vsFC東京 5月20日