2018.5.16 21:15

浦和、仙台が1位でPOへ/ルヴァン杯

浦和、仙台が1位でPOへ/ルヴァン杯

浦和-広島 後半、ゴールを決めポーズをとる浦和・李(左)=埼玉スタジアム

浦和-広島 後半、ゴールを決めポーズをとる浦和・李(左)=埼玉スタジアム【拡大】

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ最終節(16日、埼玉スタジアムほか=8試合)C組の浦和は李のゴールで広島を1-0で下し、勝ち点13の1位でプレーオフ(PO)進出を決めた。名古屋に敗れたG大阪が同9で2位となり、リーグ戦首位の広島は3位で敗退した。

 A組は仙台がFC東京に1-0で勝って1位となり、新潟を退けた2位横浜MとともにPOへ。B組の磐田は甲府を1-0で下して勝ち点12で1位、甲府は同10で2位。D組の湘南は長崎に2-0で快勝し、鳥栖と引き分けた1位神戸に続く2位で進出した。

 ホームアンドアウェー方式で8強入りを争うプレーオフは6月2、9日に仙台-湘南、磐田-G大阪、浦和-甲府、神戸-横浜Mのカードで行われる。

浦和・オリベイラ監督「広島の選手は反応が良くて、ボールを持ったときにオプションも多い。支配するのは難しい。だからこそ価値のある勝利になった」

浦和・槙野「監督のやりたいことを落とし込んで、ルヴァン杯で出せたと思う。リーグに出ている選手にいい刺激を与えられた」

浦和・マルティノス「高い位置で圧力をかけるという、本来やろうとしているプレーができた」

名古屋・風間監督「選手は戦うためにどうするか、ということを非常によくやってくれた」

名古屋・内田(2得点)「(チームが)厳しい状況なので、戦う姿勢をしっかり見せてリーグ戦につなげたかった」

湘南・山口(2点目につながるパス)「国友(鈴木)と目が合った。いいボールを出せて良かった。チームに貢献しようと思っていた」

横浜M・ポステコグルー監督「最近勝っていなかった中で、いい勝利になった。プレーオフに進むことで、また成長できる。いいチームとも戦える。大事なことだ」

磐田・中野「流れが良くなかったので、割り切って守備をした。勝てたので良かった」

磐田・藤川「『全てのボールに関わるつもりでいけ』と言われ、その通りに走り続けた。練習からアピールし、出場時間を増やしたい」

試合結果へ勝敗表へ

  • 浦和-広島後半、広島・パトリック(右)と競り合う浦和・槙野=埼玉スタジアム
  • FC東京-仙台前半、シュートを放つ仙台・西村(左)=味スタ
  • 後半、ゴールを狙う、仙台・ジャーメイン(右)=味の素スタジアム(撮影・中井誠)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 浦和、仙台が1位でPOへ/ルヴァン杯