2018.5.15 21:12

ブスケッツ、チームタイトルの重要性を強調も「個人賞受賞にふさわしいシーズンあった」

ブスケッツ、チームタイトルの重要性を強調も「個人賞受賞にふさわしいシーズンあった」

ブスケッツ、チームタイトルの重要性を強調も「個人賞受賞にふさわしいシーズンあった」

ブスケッツ、チームタイトルの重要性を強調も「個人賞受賞にふさわしいシーズンあった」【拡大】

 バルセロナに所属するスペイン代表MFセルジ・ブスケッツは、チームタイトルの重要性を強調しつつ、過去に個人賞を受賞できなかったことを嘆いている。

 バルセロナのカンテラーノ(下部組織出身選手)であるブスケッツは2008年にトップデビューを飾った。その後バルセロナで27つ、スペイン代表で2つ、合計29タイトルを獲得している。

 だがブスケッツはバロンドールをはじめ、個人賞には縁がなかった。同選手は『BeIN LaLiga 』で次のように語っている。

 「僕は個人賞よりチームタイトルを優先する。だけど、誠実に言えば、僕が個人賞を受賞してもおかしくないシーズンはあった。チャンピオンズリーグやワールドカップ、EUROで優勝したシーズンで、僕はチームの大事な役割を担っていた」

 また、ブスケッツは自身のキャリアを振り返り、現在マンチェスターCを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の存在が大きかったと語っている。

 「僕のキャリアで決定的だったのは、グアルディオラとの出会いだった。彼と仕事をするのは、フットボールの修士課程で学んでいるようなものだよ」(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. ブスケッツ、チームタイトルの重要性を強調も「個人賞受賞にふさわしいシーズンあった」