2018.5.14 22:02

西野監督、31日に練習試合の希望「バックアップのゲームの必要性感じている」

西野監督、31日に練習試合の希望「バックアップのゲームの必要性感じている」

特集:
西野JAPAN
W杯への予備登録選手35人を選出し、国際サッカー連盟に提出した西野監督

W杯への予備登録選手35人を選出し、国際サッカー連盟に提出した西野監督【拡大】

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表のスタッフ会議が14日、東京都内で開かれ、西野監督らが予備登録するメンバーの35人について最終調整した。同日が国際サッカー連盟(FIFA)への登録期限で、事実上の最初の絞り込みとなる。日本サッカー協会はリストを公表しない意向。本大会に出場する23人の登録は、6月4日に締め切られる。

 西野監督は30日のガーナ戦を終えて一夜明けた31日に、練習試合を組みたい意向を明らかにした。就任からW杯のメンバー決定まで1試合しかない状況で「できれば翌日に組みたい。やはりバックアップ(控え選手)のゲームの必要性も感じているので」と話した。

 実現すれば、31日午前に練習試合を行い、午後にW杯メンバーを発表する異例のスケジュールになる可能性がある。

W杯組み合わせへ代表日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 西野監督、31日に練習試合の希望「バックアップのゲームの必要性感じている」