2018.5.13 07:01

ドルトムント指揮官が退任を発表…リーグ最終節で辛くもCL出場権獲得も

ドルトムント指揮官が退任を発表…リーグ最終節で辛くもCL出場権獲得も

ドルトムント指揮官が退任を発表…リーグ最終節で辛くもCL出場権獲得も

ドルトムント指揮官が退任を発表…リーグ最終節で辛くもCL出場権獲得も【拡大】

 ドルトムントのペーター・シュテーガー監督が退任を発表した。

 12日に行われたブンデスリーガ最終節でドルトムントはホッフェンハイムに1-3で敗戦。この試合に敗れたものの、ドルトムントは4位をキープして来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を手にした。しかし試合後、昨年12月に解任されたピーター・ボス前監督の後任として就任したシュテーガー監督は今シーズンいっぱいでの退任を発表した。

 「これがBVBでのラストゲームだ。前から決まっていたことだ。新しい監督の下、新しい刺激を受けてクラブは上手くいくだろう」

 12月にリーグ戦8試合勝利がなく、8位まで順位を落としていたドルトムントだが、シュテーガー監督就任後はリーグ戦12試合無敗と一時は2位まで浮上。3月以降は調子を落とし、5位レーバークーゼンに勝ち点で並ばれたものの、勝ち点差で辛くも4位をキープして最低限の成績を残した。

 ドルトムントはすでに後任人事に着手し、ニースのルシアン・ファヴレ監督が最有力候補。また、現在フリーのアンドレ・ヴィラス・ボアス氏も候補として考えられており、香川真司も所属しているだけにその動向が注目される。(Goal.com)

  

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ドルトムント指揮官が退任を発表…リーグ最終節で辛くもCL出場権獲得も