2018.5.11 12:30

ルーニーのMLS行きは時間の問題か…DCユナイテッドと合意間近との報道も

ルーニーのMLS行きは時間の問題か…DCユナイテッドと合意間近との報道も

ルーニーのMLS行きは時間の問題か…DCユナイテッドと合意間近との報道も

ルーニーのMLS行きは時間の問題か…DCユナイテッドと合意間近との報道も【拡大】

 昨夏、元イングランド代表FWウェイン・ルーニーはマンチェスターUを退団。古巣のエバートンに復帰していたが、同チームでは1年で再び退団する可能性が高まっている。

 イギリス『デイリー・メール』が報じたところによると、ルーニー獲得に向けてDCユナイテッドは交渉を進めており、1250万ポンド(約18億5000万円)の契約解除金で合意間近となっているとのこと。ルーニーの代理人であるポール・ストレッドフォード氏が仲介役として、DCユナイテッド側と接触していることも確認されている模様。

 エバートン育ちのルーニーは2002年、16歳でトップデビューを果たすと、16歳360日で当時のプレミアリーグ史上最年少ゴールを記録。2004年夏にマンチェスター・Uへ加わり、それ以降13シーズンに渡ってプレーし、数々のタイトル獲得に貢献していた。

 2017年夏、古巣エバートンに2年契約で復帰し、今シーズンはリーグ戦31試合10ゴールの成績を残していた。だがエバートンは現在8位で来シーズンの欧州カップ戦出場権が絶望的な状況となっている。

 エバートンはクラブの“顔”とも言えるルーニーを復帰からわずか1年で売却するのか。DCユナイテッドは複数の大物選手獲得を狙っており、その筆頭がルーニーと見られるだけに、移籍市場では大いに注目を集めることとなりそうだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. ルーニーのMLS行きは時間の問題か…DCユナイテッドと合意間近との報道も