2018.5.10 13:08(1/2ページ)

批判を続けるキーオン氏にエジル代理人が痛烈返答「嫉妬しているだけ」

批判を続けるキーオン氏にエジル代理人が痛烈返答「嫉妬しているだけ」

批判を続けるキーオン氏にエジル代理人が痛烈返答「嫉妬しているだけ」

批判を続けるキーオン氏にエジル代理人が痛烈返答「嫉妬しているだけ」【拡大】

 アーセナルに所属するメスト・エジルの代理人、エクトル・ソグト氏はクラブOBからの批判に苦言を呈した。

 3日に行われたヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグのAマドリード戦でのエジルのプレーには、クラブOBから非難が殺到。特にマーティン・キーオン氏は「ユニフォームを着るに値しない」と辛辣な批判を浴びせた。これを受け、ソグト氏は『Goal』のインタビューでキーオン氏のエジル批判はひがみにしか聞こえないと糾弾した。

 「マーティン・キーオンは元フットボール選手というだけで、スター選手を非難している。彼はフットボールとのつながりをこれからも持っていたいのか、もしくは単に嫉妬しているかのどちらかだろう。私にはわからないが、現代のフットボーラーのサラリーやメディアへの露出に嫉妬しているのだろう。でも、何度も何度も批判ばかりで、はっきり言って少し退屈だ」

 「彼はアーセナルを退団して、エバートンやアストンビラでプレーした。その理由はここでプレーするに不十分だっただけだ。その後、アーセナルに戻っては来たが、控えだった。常に(トニー)アダムス、(スティーブ)ボールド、(リー)ディクソン、(ナイジェル)ウィンターバーン、それに(ソル)キャンベル、(コロ)トゥーレ、ローレン、(アシュリー)コールの影に隠れていた」

 「特にオールド・トラッフォードでの(ルート)ファン・ニステルローイへの振る舞いはアーセナルにとって恥ずべきものだった。仮にメストや今の選手たちがあのような行動をとれば自身やクラブにダメージを与えかねない。それに2004年のインビンシブルのシーズンにおいて、出場機会が十分ではない彼はそのチームの一員でも何でもない」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 批判を続けるキーオン氏にエジル代理人が痛烈返答「嫉妬しているだけ」