2018.5.10 08:49

トップ4が絶望的に…ドローに落胆のコンテ「82%もポゼッションしたが…」

トップ4が絶望的に…ドローに落胆のコンテ「82%もポゼッションしたが…」

トップ4が絶望的に…ドローに落胆のコンテ「82%もポゼッションしたが…」

トップ4が絶望的に…ドローに落胆のコンテ「82%もポゼッションしたが…」【拡大】

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、ホーム最終戦でのドローに肩を落とした。

 9日に行われたプレミアリーグ第35節延期分で、チェルシーはハダースフィールドと対戦。トップ4フィニッシュに向けて勝ち点を落とせないチェルシーだったが、50分にハダースフィールドに先制を許す。62分には同点に追いつくもその後勝ち越せず、1-1で試合を終えた。

 この結果、勝ち点70のチェルシーは4位リバプールとは2ポイント差。トップ4フィニッシュには最終節で勝利が絶対条件、かつリバプールがブライトンに敗れるか、引き分けでもニューカッスル戦で得失点差「15」をひっくり返す必要があるなど、非常に厳しい状況になっている。

 試合後、コンテ監督はドローで終わった一戦について「82%もポゼッションし、多くのチャンスを作ったのに、カウンターから1点を失ってドローで終わってしまった。この結果を説明するのは非常に難しい」と肩を落とした。

 「しかし、我々はこの結果を受け入れなくてはならない。選手たちは全力で戦ったが、1点しか挙げられなかった。フットボールはシンプルなスポーツで、勝利するためには相手よりも得点を奪わなくてはならないが、我々にはそれができなかった」

 また、トップ4への挑戦は終わったかとの質問に対して、「この試合の前から我々の手の中にはなかった。そしてこの試合の後、可能性は少なくなってしまった」と言及。しかし「我々は全力で戦わなければならない。今日のように激しさと強い信念を持って戦わなければならない」と可能性のある限り戦い続けたいと強調した。

 さらに、ローテーションを試みた理由について「FAカップファイナルを見据えたものだ。(アルバロ)モラタやウィリアンを起用したが、これが問題と考えるのはばかげている。リバプール戦で多くのエネルギーを消耗したから他の選手を起用しただけだ」と主張している。

 チェルシーの今シーズンのリーグ戦は残り1試合。トップ4フィニッシュに向けて、勝利が絶対となる同チームは12日に敵地でニューカッスル・ユナイテッドと対戦する。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. トップ4が絶望的に…ドローに落胆のコンテ「82%もポゼッションしたが…」