2018.5.10 11:30

【J試合情報】FC東京vs北海道コンサドーレ札幌 5月13日

【J試合情報】

FC東京vs北海道コンサドーレ札幌 5月13日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・今対戦カード通算10試合では、FC東京が8勝2敗と札幌に勝ち越している。FC東京がJ1で2試合以上対戦しているクラブの中では、同カードの1試合平均得点数がもっとも高い(2.50)。

 ・FC東京は昨季の札幌戦でホーム&アウェイ戦ともに敗れた。それ以前は2001年の初対戦から8連勝を記録していた。

 ・FC東京は前節の川崎戦で勝利挙げ、直近10試合で8勝とした(1分1敗)。10試合の間に8勝したのはクラブ史上初のことだった。

 ・FC東京はホーム戦で現在、クラブ史上最長の5連勝中。またこの間、4試合で複数得点を挙げている。

 ・札幌は現在、クラブ史上最長の10試合連続無敗(7勝3分)。またこの間、複数失点を喫したのはわずか1試合のみ(第11節の仙台戦、2-2)。

 ・札幌はアウェイ戦で現在6試合連続無敗(2勝4分)。今季同地での敗戦数としては、広島と並びリーグで2番目に少ない(1敗、川崎は無敗)。

 ・札幌は今季13試合を終えて7勝を挙げている。この間の勝利数としては、クラブ史上ベスト。また、今季の得点数(20)と失点数(13)も同期間ではベスト。

 ・FC東京は試合時間最初の30分間での得点数が今季リーグ最多タイ(8、柏と並び)。対する札幌は試合時間最後の30分間での得点数が同最多(13)。

 ・今季、FC東京は交代出場選手が1度も得点に直接関与していない2チームのうちの1つ(柏と並び)。対する札幌が交代出場選手の得点関与数が今季リーグ2位(5)。

 ・昨季以降、DF登録の選手の中でセットプレーを含めたクロス数が最も多いのは太田宏介(343)で、それに次ぐのが福森晃斗(293)。しかし、クロスの成功数では福森が115本(リーグ最多)、太田が79本と差がついている。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】FC東京vs北海道コンサドーレ札幌 5月13日