2018.5.9 23:51

グリーズマンをめぐるバルセロナの対応に…アトレティコCEOが怒りあらわ

グリーズマンをめぐるバルセロナの対応に…アトレティコCEOが怒りあらわ

グリーズマンをめぐるバルセロナの対応に…アトレティコCEOが怒りあらわ

グリーズマンをめぐるバルセロナの対応に…アトレティコCEOが怒りあらわ【拡大】

 Aマドリードのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOが、FWアントワーヌ・グリーズマンをめぐるバルセロナの対応に怒りをあらわにしている。

 アトレティコのエースとして、ディエゴ・シメオネ監督にとって欠かせない選手となったグリーズマン。だが2022年まで契約を残す同選手を、バルセロナが狙っているとみられている。バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は昨年10月にグリーズマンの代理人と接触していたようだ。

 ヒル・マリンCEOはクラブ公式サイトで「我々はバルセロナの姿勢にうんざりしている。あるクラブの会長、幹部、選手が他クラブと契約を残す選手について話している。その選手は欧州カップ戦の決勝を控えている。これはAマドリード、そのファンへの敬意の欠如だ」と述べ、次のように続けた。

 「Aマドリードの態度は明確だ。それは、これまでも公の場で示してきた。我々は一度もグリーズマンの移籍に関する交渉を行っていない。その意思はまったくない。数か月前、私はバルセロナの会長に選手を売るつもりはないと伝えた。そうすることで、彼らの振る舞いは不適切だと示した」

 「アトレティコはシーズンを通じてバルセロナと優勝を争った。彼らは継続的に我々の傑出した選手にプレッシャーをかけた。また、私は今シーズンにその選手が契約解除金の支払いにより退団する場合、プレッシャーをかけ続けたバルセロナに賠償金を要求することも伝えていた」

 ヒル・マリンCEOはグリーズマンの売却を完全に否定している。

 「もういいだろう。この声明が、アトレティコスが今を楽しむために、そして決勝に向けた準備に役立つよう願っている」(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. グリーズマンをめぐるバルセロナの対応に…アトレティコCEOが怒りあらわ