2018.5.8 13:31

長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」

長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」

特集:
長友佑都
長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」

長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」【拡大】

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が7日、ツイッターを更新し、インテルミラノ時代の旧友であるMFヴェスレイ・スナイデルと再会したことを報告した。

 スナイデルは、2009年夏から2013年冬にかけてインテルミラノに所属。2011年冬にチェゼーナからミラノへやって来た長友とは、2年間ともにプレーした。その後、スナイデルはガラタサライへ移籍。4年半にわたりトルコで活躍したのち、ニースを経て、現在はカタールのアル・ガラファでプレーしている。

 今年1月、ガラタサライからオファーを受けた長友はスナイデルに相談をして「考えずに行け。素晴らしいクラブで、素晴らしい街だ。きっと後悔しない」と後押しを受け、トルコ移籍が実現した経緯がある。その言葉通り、元インテルミラノDFは移籍後すぐにイスタンブールの環境に適応。レギュラーの座をつかみ、ロシア・ワールドカップへ向けて充実した日々を送る。

 長友は、イスタンブールを訪れた親友と5年ぶりの再会を果たしたことをSNSで報告。「親友スナイデル。5年ぶりの再会。最高の時間。楽しすぎた。また一緒にプレーしたい。何でこんなに気が合うんだ。笑 We had the wonderful time. (一緒に最高の時間を過ごしたよ)」と久々の再会を喜んだ。

 なおスナイデルもトルコを発つ際、自身の公式インスタグラムを更新。「イスタンブール、トルコで3日間は足りなかった。素晴らしい国、近いうちにまた会おう」と綴っている。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 長友、親友スナイデルと5年ぶり再会「最高の時間。楽しすぎた」