2018.4.30 19:35(1/3ページ)

“管理の虫”トゥヘルのPSG指揮官就任はネイマールにとって最悪の悪夢?

“管理の虫”トゥヘルのPSG指揮官就任はネイマールにとって最悪の悪夢?

“管理の虫”トゥヘルのPSG指揮官就任はネイマールにとって最悪の悪夢?

“管理の虫”トゥヘルのPSG指揮官就任はネイマールにとって最悪の悪夢?【拡大】

 PSG会長ナセル・アル・ケライフィ会長は全てを手に入れてきた。2011年にPSGを買収したとき、二つ大きな目標を掲げた。一つは“ネクスト・メッシ”との契約、そしてチャンピオンズリーグのタイトルだ。

 フットボール界では一夜にして金で成功を買うことはできない。だがアル・ケライフィは彼の野望に近づいている。30歳以下で世界最高の選手であるネイマールと20歳以下で世界最高の選手キリアン・ムバッペを獲得した。

 ただ、もう一つの目標はいまだ遠い先にあることがわかったのが今季であった。若く才能あふれる選手をそろえたスカッドとリーグ・アンの支配にもかかわらず、指揮官ウナイ・エメリはRマドリードの前にラウンド16でトータル2-5と敗れ去り、ヨーロッパ最大のトロフィー争奪戦から早々に脱落した。

 ネイマールとムバッペがすでにチームにいるのを踏まえ、アル・ケライフィ会長はPSGを真のビッグクラブにするためラストピースを必要としていた。戦術的才能があり、経験あるレアルなど欧州のエリートをピッチ上で打ち負かせる指揮官だ。

 ドルトムントを率いていたトーマス・トゥヘルは連日報道されているように、パリの次期監督として白羽の矢が立っている。だが、彼の指揮したチームでの選手・クラブとの衝突を見ると、この希代の戦術家はネイマールを扱うのに適した人物なのかという疑問符も浮かぶ。

 トゥヘルの指揮官としての能力に疑いの余地はない。「多くのインスピレーションを受けた」と話すとおり、ペップ・グアルディオラが扱うチームと非常に似ている。ドルトムントでのトゥヘルは対戦相手によって、様々なシステムとアプローチを使いこなしていた。PSGが好む4-2-3-1、4-3-3でも4-1-4-1、必要とあらば3バックも取り入れる柔軟性も持つ。

 ポゼッションを高めるスタイルは、国内では他の追随を許さないPSGでは好意的に受け止められるだろう。それは、トゥヘルのフランスでの成功を約束すると言い換えたっていい。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. “管理の虫”トゥヘルのPSG指揮官就任はネイマールにとって最悪の悪夢?