2018.4.29 13:24

マルセイユ指揮官、酒井宏の残留を熱望「来季もチームにいることを望む」

マルセイユ指揮官、酒井宏の残留を熱望「来季もチームにいることを望む」

特集:
酒井宏樹
マルセイユ指揮官、酒井宏の残留を熱望「来季もチームにいることを望む」

マルセイユ指揮官、酒井宏の残留を熱望「来季もチームにいることを望む」【拡大】

 マルセイユのルディ・ガルシア監督は、来シーズン以降も酒井宏樹をチームに留めたいと話している。

 先日のリール戦で負傷し、最終節までの復帰が期待されている酒井は、今シーズン主力としてリーグ・アン上位進出とヨーロッパリーグでの躍進に貢献。移籍後初となる得点も挙げるなど今シーズンはこれまで全公式戦で46試合に出場して1ゴールを記録している。

 現在モナコやリヨンと来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争うマルセイユのガルシア監督は、28日の午後に行われた会見で、2018-19シーズンも酒井がチームに残留することを望むとともに手薄なサイドバックの補強を示唆した。

 「来シーズンにブナ・サールとヒロキがチームにいることを夢見ている。私は彼らのパフォーマンスに満足だ。ただ、サイドに4人の選手がいればさらに良いだろう。現状ではプレーできるから彼らにとっては良いと思うが、マルセイユにとっては全てのポジションに2選手いることが望ましい」

 今シーズン、パトリス・エブラがファンへの暴行により退団し、サイドバックの人手不足が否めない。すでにマルセイユはユベントスのステファン・リヒトシュタイナーの獲得に動いていると報じられており、監督からの厚い信頼を得ている酒井だが、来シーズンは熾烈なポジション争いが待っているかもしれない。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. マルセイユ指揮官、酒井宏の残留を熱望「来季もチームにいることを望む」