2018.4.17 23:10

C大阪・尹晶煥監督、1次リーグ敗退に「最善を尽くしたが力不足」/ACL

C大阪・尹晶煥監督、1次リーグ敗退に「最善を尽くしたが力不足」/ACL

後半、勝ち越しゴールを決められ、ぼうぜんとする船木(右から3人目)らC大阪イレブン=広州(共同)

後半、勝ち越しゴールを決められ、ぼうぜんとする船木(右から3人目)らC大阪イレブン=広州(共同)【拡大】

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、G組のC大阪は敵地で広州恒大(中国)に1-3で敗れて2勝2分け2敗の勝ち点8で3位に終わり、16強入りを逃した。

 試合序盤に先制点を与えたC大阪はすぐに福満のゴールで追い付いたが、後半に2点を奪われた。G組は広州恒大が1位、ブリラム(タイ)が2位で16強に進出した。(共同)

C大阪・尹晶煥監督「どのような形でも結果を持ち帰るために最善を尽くしたが、力不足だった。久しぶりにACLに出場し、たくさんの経験をした。この経験を糧に成長する姿を見せたい」

広州恒大・カンナバロ監督「1次リーグを首位で突破できてうれしい。決勝トーナメントはどれも難しい試合になるだろう」

C大阪・片山(センターバック)「(試合の)入りがもったいなかった。全体を通してまだまだ実力が足りなかった」

C大阪・船木「サイドバックとしてチャンスシーンをつくるのが仕事。そういうところをもう少し増やせれば。質は相手が上だった」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、同点ゴールを決め喜ぶC大阪・福満=広州(共同)
  • 前半、相手GKをかわし、攻め込むC大阪・福満(右)。直後に同点ゴールを決める=広州(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. C大阪・尹晶煥監督、1次リーグ敗退に「最善を尽くしたが力不足」/ACL