2018.4.16 07:00

マンCが4季ぶりのプレミア王者に 5試合を残しての優勝は史上4チーム目

マンCが4季ぶりのプレミア王者に 5試合を残しての優勝は史上4チーム目

マンCが4季ぶりのプレミア王者に 5試合を残しての優勝は史上4チーム目

マンCが4季ぶりのプレミア王者に 5試合を残しての優勝は史上4チーム目【拡大】

 マンチェスターCが2017-18シーズンのプレミアリーグチャンピオンに輝いた。

 14日に行われたトットナム戦に3-1で勝利したマンチェスターCは、33試合を消化して勝ち点「87」と暫定ながら2位マンチェスターUと勝ち点16差を付け、リーグ優勝に王手。そして迎えた15日、マンチェスターUがウェストブロミッジ・アルビオンに0-1で敗れたことで2013-14シーズン以来4シーズンぶりの優勝が決定した。

 ジョゼップ・グアルディオラ体制になって2シーズン目を迎えるマンチェスターCは、序盤から躍動。第3節のボーンマス戦に勝利してからプレミアリーグレコードとなる18連勝を記録するなど33試合を終えて28勝3分け2敗と圧倒的な強さを見せつけた。

 また、5試合を残しての優勝決定は、イングランドのトップリーグ最速タイ記録。1907-08シーズンと2000-01シーズンのマンチェスターU、1984-85シーズンのエバートンに次ぐ、史上4度目の快挙となる。

 早期に優勝を決めたマンチェスターCの次に目指す記録は、2004-05シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーが持つリーグレコードの勝ち点「95」。残り5試合で勝ち点9を奪えばこの記録を塗り替えられるため、リーグ新記録を樹立する可能性は十分に残されている。(Goal.com)

試合結果へ

勝敗表へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. マンCが4季ぶりのプレミア王者に 5試合を残しての優勝は史上4チーム目