2018.4.11 18:57(1/3ページ)

バイエルン一強は「悪」なのか?ブンデス独裁体制の是非

バイエルン一強は「悪」なのか?ブンデス独裁体制の是非

バイエルン一強は「悪」なのか?ブンデスの構造から紐解く独裁体制の是非

バイエルン一強は「悪」なのか?ブンデスの構造から紐解く独裁体制の是非【拡大】

 バイエルンが強すぎて、ブンデスリーガはつまらない。

 そんな声が聞こえてくるほど、Bミュンヘンは強かった。しかもその声が聞かれるのは、今シーズンに限ったことではない。何しろ、「前人未到」と冠がつく連覇は「6」まで伸びた。優勝が決定する一週前、ライバルと目されていたドルトムントに6発をお見舞いしたのは「バイエルン一強」をより印象づける出来事だった。

 優勝が決まったタイミングで今季を振り返るとするなら、気になることが2つある。

 一つ目は「なぜこれほどまでにバイエルンは強かったのか」という単純な疑問。そしてもう一つは、「つまらない」という声が挙がるほど明確になっているバイエルンの一強体制がブンデスリーガにとって望ましいものなのか、という点だ。

 独走の背景にあった2つの要因

 今季のバイエルンは序盤に大きな動きが起きた。カルロ・アンチェロッティ前監督の解任である。チャンピオンズリーグでパリサンジェルマンに0-3と完敗したのが引き金となり、更迭の憂き目に遭ったのだ。

 しかし、それでも、リーグ戦では5試合を残すスピードでブンデスリーガ制覇を決めるに至った。その背景には、2つの要因があったと考えられる。

 一つはユップ・ハインケスの招へいだ。一度は監督業からの引退を表明したが、「勇退後も片足は突っ込んでいた」と話すとおり、圧倒的な手腕は全く錆びついていなかった。チームを率いてから公式戦9連勝(※PK戦勝利を含む)、その後も18試合無敗という驚くべき成績を残した。見事なカムバックというほかない。

 ハビ・マルティネスを中盤に固定するなど微調整は行ったが、戦術的に革新的なことは特に見当たらない。それでも、ハメス・ロドリゲスやキングスレー・コマン、トーマス・ミュラーといった選手たちが水を得た魚のように輝き始めたのは、この老将の手腕にほかならない。

 そして、バイエルンが独走したもう一つの理由はというと、外的な要因が挙げられる。第2勢力の不振だ。中でもドルトムントは不調をかこち、バイエルンの独走を許す大きな原因となってしまった。

 ドルトムントは昨夏、ピーター・ボス監督を招へい。ボスは能動的かつ攻撃的なスタイルをオランダからドイツへ持ち込み、開幕から7試合を無敗で過ごした。しかし、他クラブからカウンターを用いた対応策を講じられると、「シュヴァルツ・ゲルベン」は脆かった。坂を転げ落ちるように勝利のない暗く長いトンネルに入った結果、ボス監督は解任に。ペーター・シュテーガー新監督の下で持ち直したものの、第29節を終えた時点でバイエルンとのポイント差は21まで広がった。チャンピオンズリーグではグループステージで敗退するなど、開幕7試合無敗の頃に思い描いていたものとは程遠いシーズンとなった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. バイエルン一強は「悪」なのか?ブンデス独裁体制の是非