2018.3.1 13:02(1/2ページ)

【サッカーコラム】エンターテイナー51歳カズの胸の高鳴り「現役時代に銀婚式を迎えるのは私が初めてみたい」

【サッカーコラム】

エンターテイナー51歳カズの胸の高鳴り「現役時代に銀婚式を迎えるのは私が初めてみたい」

特集:
No Ball, No Life
51歳の誕生日を迎え、報道陣に祝福された横浜FCのFW三浦知良

51歳の誕生日を迎え、報道陣に祝福された横浜FCのFW三浦知良【拡大】

 【No Ball,No Life】サッカーJ2横浜FCの元日本代表FW三浦知良が2月26日、51歳の誕生日を迎えた。ここ数年、誕生日当日に報道陣がカズの誕生日を祝福するのが定番。ケーキと花束を用意し、カズの偉業をたたえてきた。そして、カズも47歳の誕生日には白スーツ、48歳時には赤スーツ、49歳時には青スーツ、そして昨年の50歳時にはピンクのスーツを着用し、報道陣の前に登場。サービス精神旺盛のカズが、スーツで楽しませてくれた。

 ただ、今回は少し事情が違った。これまでの誕生日はチームの全体練習日で、昨季に至ってはJ2の開幕戦。しかし、今季はチームがオフの日。しかも、前日25日の開幕戦には試合の出番はなく、チームもスコアレスドローに終わった。

 カズは「正直、今年も報道陣の方に祝福してもらっていいのか」と“恒例行事”の中止も検討していたほどたった。それでも、そこは生まれ持ったエンターテイナー。誕生日翌日の全体練習にはテレビカメラ6台、約50人の報道陣が集結したことを確認し「平昌五輪の後で、そっちがメーンのはずなのに、これほどたくさんのメディアの方が来てくれるとは思っていなかった」と感激。例年どおりに祝福を受けた。そして、約80万円のカーキ色のスーツを着用して報道陣の前に登場したのだ。

 2月15日、Jリーグの「キック・オフ・カンファレンス」では、サプライズの“ご褒美”が用意されていた。自身が昨年3月12日の群馬戦(ニッパ)でゴールを決めたことで「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」というギネス世界記録に認定されたのだ。カズは「これで終わりじゃない」と、今季も挑戦を続けていく決意を語った。

【続きを読む】

  • 2月25日のJ2松本戦で戦況を見つめる横浜FC・三浦知良
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【サッカーコラム】エンターテイナー51歳カズの胸の高鳴り「現役時代に銀婚式を迎えるのは私が初めてみたい」