2018.2.15 10:18(1/2ページ)

レアル・ジダン監督、PSG撃破に満足も「次戦で苦しむことは分かっている」/欧州CL

レアル・ジダン監督、PSG撃破に満足も「次戦で苦しむことは分かっている」/欧州CL

レアル・ジダン監督、PSG撃破に満足も「次戦で苦しむことは分かっている」

レアル・ジダン監督、PSG撃破に満足も「次戦で苦しむことは分かっている」【拡大】

 14日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、Rマドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのパリサンジェルマン(PSG)戦に3-1で勝利した。試合後会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、まだPSGとの対戦が終わっていないことを強調し、気を引き締め直している。

 スペイン『マルカ』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。

 「まだ終わったわけじゃない。90分か、それ以上の時間が残っている。私たちは満足しているよ。強い意志を持ち、いつもチームとともにあるファンと一緒に偉大な試合を演じた。今日は満足しなくてはならないが、しかし3週間の内にまた違う試合がある。あそこで苦しむことは分かっている」

 「この勝利で批判が収まるか? いやいや。私は働き続け、今夜のような試合を実現していくだけだ。それでも何かしらの幸福感はあるだろうし、満足はしなければならない。私たちは私たちの仕事を実現したんだから。しかしながら、まだセカンドレグが残っている。高いインテンシティーで持って、素晴らしい試合を実現しなくてはならない。その試合の前にも様々なことが起こるだろうが、あっちの試合でも見事な試合を演じる意欲が私たちにはある」

 MFガレス・ベイルではなくMFイスコを先発させ、4-3-1-2のシステムを採用したこの試合のプランについては、次のように説明した。

 「難しかったが、最初から最後まで素晴らしい試合にすることができた。私は満足している。この勝利は皆のものなんだよ。私たちは中盤に4選手を置き、一方の彼らは3選手だった。イスコは素晴らしいプレーを見せていたね。チームはポゼッションの恩恵に預かったが、それは予め予想していたことだった。私たちは試合を通じて、ボールを保持し続けた。この試合には満足しなくてはいけない。これはチーム全員で勝ち取った勝利だ」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. レアル・ジダン監督、PSG撃破に満足も「次戦で苦しむことは分かっている」/欧州CL