2018.2.15 12:00(1/2ページ)

【サッカーコラム】ラモス瑠偉氏の日の丸への熱い思い「プライドをもって戦ってほしい」

【サッカーコラム】

ラモス瑠偉氏の日の丸への熱い思い「プライドをもって戦ってほしい」

特集:
No Ball, No Life
ビーチサッカー日本代表監督に就任したラモス瑠偉氏。日本協会・田嶋会長(右)も全面支持

ビーチサッカー日本代表監督に就任したラモス瑠偉氏。日本協会・田嶋会長(右)も全面支持【拡大】

 【No Ball,No Life】日の丸の重みを語らせたら、この人の右に出る者はいない。2019年W杯を目指すビーチサッカー日本代表監督に就任したラモス瑠偉氏(61)が14日、東京都内で会見した。

 「まずは生意気をいってもいいかな」

 過去に4度のW杯を指揮。05年大会は4強入りした実績を持ち出し「それぐらいすごい男」と自己紹介。“ラモス節”の健在ぶりに、場内は笑いに包まれた。

 16年12月に脳梗塞で倒れた。今回の就任にあたっては、健康を気にかける声も多い。それでも本人は「悪かったらここにいない。医者もビックリしている」と全快をアピール。ラモス氏を突き動かすのは、日の丸への強い思いだろう。最近の日本代表について聞かれると、急に真剣な口調に変わった。

 「A代表にもいえることだけど、粘りやファイトあふれるプレーが足りない。野球だろうがゲートボールだろうが、日の丸は日の丸。プライドをもって戦ってほしい」

 ラモス氏に言われると背筋が伸びる。人のハートに火を付ける語り口は現役時代と同じ。20歳でブラジルから来日し、観客もまばらな日本リーグで戦い、日本国籍を取得した。Jリーグが開幕した1993年には、W杯初出場の夢が砕け散った「ドーハの悲劇」が起きる。10番をつけたラモス氏たちの戦いぶりは、見る者の胸に迫るひたむきさあった。日本サッカーを変えようと、身を粉にして働いた多くの人々の思いを背負っていた。それが日の丸の重みの正体なのだと思う。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】ラモス瑠偉氏の日の丸への熱い思い「プライドをもって戦ってほしい」