2018.2.14 05:00(1/2ページ)

【W杯イヤー J1かく戦う(6)】磐田&FC東京

【W杯イヤー J1かく戦う(6)】

磐田&FC東京

★磐田・名波監督、攻守ともに自信!5位以内目指す

 下馬評が決して高くなかった昨季はリーグ最少の30失点で6位と健闘した。就任5シーズン目となる名波監督は「トップ5に入る」と現実的な目標を立て、攻守ともに自信を深めている。

 GKカミンスキーは信頼が厚く、守備ラインには高橋、大井、森下と試合を追うごとに安定感を増した昨季の中心選手がいる。攻撃ではリーグ戦全試合に出場して14得点した前線の川又を軸にベテランの中村、ブラジル人のアダイウトンが健在だ。

 戦力補強はピンポイントで行い、名古屋から元日本代表の守備的MF田口、甲府からはDF新里を迎え入れた。磐田の下部組織で育ち、筑波大から加入したFW中野や18歳のMF伊藤ら、将来を担う選手の成長も楽しみだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【W杯イヤー J1かく戦う(6)】磐田&FC東京