2018.2.9 20:09(1/4ページ)

ユベントスの歴代第2GKから見た守護神ジャンルイジ・ブッフォンとは…

ユベントスの歴代第2GKから見た守護神ジャンルイジ・ブッフォンとは…

ユベントスの歴代第2GKから見た守護神ジャンルイジ・ブッフォンとは…

ユベントスの歴代第2GKから見た守護神ジャンルイジ・ブッフォンとは…【拡大】

 

 “今もバリバリ現役を続けるレジェンド”

 この言葉こそGKジャンルイジ・ブッフォンを表す言葉かもしれない。彼はただの背番号1でなければ、ただの男でもない。毎年、春を迎えるごとに彼の伝説性は増していくのだ。“スーペル・ジジ”ことブッフォンは、これまでのゴールキーパーのイメージを変え、そしてその歴史を書き換えた。彼は天賦の才能に加え、努力、献身性、自己犠牲をも惜しまない人物である。これこそが、彼が史上最強のGKと言われるほどに進化を遂げた所以であろう。

 おそらく、GKのポジションを目指すイタリアの少年たちは皆、変わらずに彼を目標とするだろう。ブッフォンは、自身の鋼鉄の体でゴールの1センチの隙間すら守り抜く覚悟を持った最高級の選手なのだ。それに彼はゴール前における先駆者として、これまでGKでは難しいと思われていたリーダーシップや自身のカリスマ性も発揮して見せた。批判にさらされる時でも率先してチームメートを鼓舞し、絶望的でほとんど不可能に近い時でもチームを勝利に導いたのだ。競技レベルのことであれ、人間レベルのことであれ、あきらめなければ夢は叶うことを彼は自らの背中で示したと言えよう。

 所属するユベントスやイタリア代表において、ブッフォンは常に“越えられない壁”として立ちはだかり、成功を収めた。その証拠に、彼はこれまでにほとんどのタイトルを獲得している。しかし昨年、衝撃的にもイタリア代表がロシア・ワールドカップ出場権を逃したことで、とてつもない失望感を味わうこととなった。ピッチで絶望にさいなまれ、涙する姿は誰もが忘れることはできない。しかし同時に飾ることすらしない彼の姿は、“偉大な選手の中の偉大な選手”であることを確信へと変えさせた。

 最初にブッフォンを見た第2GKは何を思った?

 「彼がトリノへやって来た時、最初にユベントスで彼の第2GKを務めたのが私だよ」

 そうミケランジェロ・ランプッラは話す。

 「彼は若くしてすでにカンピオーネとして認められていたけど、私は当時40歳で、自分のキャリアの終着点に差し掛かっていたんだ。でも、彼とはすぐに素晴らしい関係を築くことができたね。ジジは優れた人物だし、誠実で明るい性格なんだ。二人の間で恨みなどは生まれなかったし、それどころか厚い絆で結ばれていたよ。同じ部屋だったしね」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ユベントスの歴代第2GKから見た守護神ジャンルイジ・ブッフォンとは…