2017.12.18 16:14

ハリル監督、韓国戦大敗で批判受けるも「逆にそのような言葉を聞くと意欲的に続けたい」

ハリル監督、韓国戦大敗で批判受けるも「逆にそのような言葉を聞くと意欲的に続けたい」

特集:
ハリルJAPAN
険しい表情で会見するハリルホジッチ監督=文京区・日本サッカー協会(撮影・斎藤浩一)

険しい表情で会見するハリルホジッチ監督=文京区・日本サッカー協会(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 サッカー男子日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が18日、東京都文京区の日本サッカー協会で行われた「日本代表 年間スケジュール2018発表記者会見」に出席。来年6月開幕のロシアワールドカップ(W杯)へ向け意気込みと展望を語った。

 ハリル監督は「2018年にはサッカー界で大きなイベントがあり、そこに代表が参加する。もっとも美しく、大きく、そして危険な大会だ。そこに参加するためにしっかりと準備をしなければならない」と、来年6月に迫った本大会に向け意気込みを語った。

 指揮官は、16日に行われ1-4の大敗を喫した東アジアE-1選手権の韓国戦(味スタ)について再度振り返り、「この前の土曜の試合の後、あまり眠れなかった。自宅に帰り、リビングに入り、そこで試合のことをずっと考えて眠ることができなかった」と、ショックのあまり寝付けなかったことを明かした。

 そして「監督になってから4点も取られて、こんなに点差を付けられてホームで負けたことがなかった」と大敗を悔しがったが、一方で「この大会(E-1)を戦ったチームがA代表でなかったとしても、そのA代表の候補がいるチームで準備して頑張ってきた」と理解を求めた。

 さらに「本日、協会でたくさん批判の記事が出たことも聞いた。以前、同僚として日本代表の各カテゴリの指導者をしていた方の批判もあった」と明かすと、「そのような批判があれば私は答えざるを得ません。答えたりしないといけないということもあると思いますけれど、逆にそのような言葉を聞くと意欲的に続けたいなと思います」と批判を“糧”にしていくと力強く発言した。

 ハリル監督は「私は戦うチームを、アグレッシブに戦い、チームのために一生懸命頑張るチームを、ロシアに連れて行きたいと思います」と本大会へ連れて行く選手について語ると、「力が優れているチームがある。日本よりいいチームがあることを理解しないで発言している方も多いと思います。私はこのような経験をたくさんしています」と、心配する必要がないことを強調した。

 最後に「W杯終了後は、日本国民全員がこのチームに対して誇りを感じられるような戦いをしたいです。W杯で戦うチームは、ロシアでベストを尽くして戦うことを私は確信しています」と冷静に語り、話を終えた。

試合日程へ

  • フォトセションに応じる(左から)U-20日本代表・森保監督、ハリルホジッチ監督、キリン・磯崎社長、日本サッカー協会・田嶋会長=文京区・日本サッカー協会(撮影・斎藤浩一)
  • 会見後に笑顔を見せる(左から)U-20日本代表・森保監督、ハリルホジッチ監督、キリン・磯崎社長(右)=文京区・日本サッカー協会(撮影・斎藤浩一)
  • 会見後も険しい表情を見せるハリルホジッチ監督=文京区・日本サッカー協会(撮影・斎藤浩一)
  • 会見後も険しい表情を見せるハリルホジッチ監督=文京区・日本サッカー協会(撮影・斎藤浩一)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. ハリル監督、韓国戦大敗で批判受けるも「逆にそのような言葉を聞くと意欲的に続けたい」