2017.12.15 20:51

なでしこ、北朝鮮に0-2で完敗…優勝逃す

なでしこ、北朝鮮に0-2で完敗…優勝逃す

前半、突破をはかる岩渕=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)

前半、突破をはかる岩渕=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)【拡大】

 東アジアE-1選手権第5日(15日、日本0-2北朝鮮、フクダ)女子日本代表「なでしこジャパン」は、北朝鮮に0-2で敗れ、3大会ぶり3度目の優勝はならなかった。北朝鮮が3連覇を飾った。

 試合は前半はお互い互角の展開が続き、両チームとも無得点で終えた。2戦を終え日本と北朝鮮は勝ち点6で並んでいるが、得失点差で下回っているため、優勝するためには勝利が必要となる。

 日本は後半に入ると先制点を狙って積極的に試合を進めた。17分にはFW岩渕を下げて、MF中島を投入。しかし、20分に相手陣でボールを失ってカウンターを受けると、左サイドを突破された。そこから上がったクロスを一度はペナルティーエリア外に弾いたが、セカンドボールを拾われ、最後はミドルシュートを決められた。

 優勝するには2点が必要になった日本は前がかりになって攻めたが、北朝鮮の守備を崩せない。逆に37分に北朝鮮が再びカウンターで逆襲。日本は右サイドを崩されると、グラウンダーでゴール前に入れられたクロスを逆サイドから走ってきた選手に押し込まれ、痛恨の2点目を失った。

 日本はその後も決定機的なチャンスを作れないまま試合終了。優勝を逃した。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、シュートを放つ田中=フクアリ
  • 前半、競り合う岩渕(左)=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  • 北朝鮮代表を応援するサポーター=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  • 前半、クリアする宇津木(右)=フクアリ
  • 前半、突破をはかる籾木(左)=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  • サッカー東アジアE-1選手権の日本戦で盛り上がる北朝鮮サポーター=千葉市のフクダ電子アリーナ
  • 前半、ゴールを狙う田中=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  • 前半、競り合う阪口(左)=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  • 前半、突破をはかる阪口(右)=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  • 前半、ヘディングシュートを放つ岩渕=フクアリ
  • 前半、ゴールを狙う岩渕=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  • 前半、競り合う岩渕(左)=フクダ電子アリーナ(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. なでしこ、北朝鮮に0-2で完敗…優勝逃す