2017.11.14 16:37

デ・ロッシが明かすアップ拒否の真相…祖国イタリアを思った利他的な言動だった

デ・ロッシが明かすアップ拒否の真相…祖国イタリアを思った利他的な言動だった

デ・ロッシが明かすアップ拒否の真相…祖国イタリアを思った利他的な言動だった

デ・ロッシが明かすアップ拒否の真相…祖国イタリアを思った利他的な言動だった【拡大】

 イタリア代表からの引退を表明したローマMFダニエレ・デ・ロッシが、“交代拒否”の真相を『RAIスポーツ』のインタビューで語っている。

 イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでスウェーデンと対戦。敵地での初戦を0-1で落としていただけに、勝利が最低条件となっていたが、サンシーロでイタリアはゴールを割れず。スコアレスドローで終了し、イタリアはロシア行きを逃した。

 デ・ロッシは初戦で先発出場しながら、第2戦はベンチスタート。試合の終盤にはスタッフに交代のためウォームアップを命じられ「なぜ俺なんだ!? 引き分けは必要ない。勝利が必要だろう!」と守備的なポジションでプレーすることの多い自らの出場準備を拒否している。

 また、隣にいたアタッカー、ロレンツォ・インシーニェを指差し、交代を求めたデ・ロッシは、この“騒動”の詳細を説明している。

 「俺は勝利が必要なのだから、ストライカーをアップさせるべきと言っただけ。だからインシーニェを指差したんだ。俺(と監督)の問題ではなく戦術的な話だよ。腹を立ててしまったことは申し訳ない。でもそのときは俺よりもインシーニェのほうがいいと思ったんだ」

 結果的にデ・ロッシの最後の試合となったスウェーデン戦。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督との騒動が問題となってしまったものの、デ・ロッシの祖国を思う利他的な言動を責める者はいないだろう。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. デ・ロッシが明かすアップ拒否の真相…祖国イタリアを思った利他的な言動だった