2017.11.14 11:16

スウェーデン、虎の子の1点守り切る 指揮官「選手を誇りに思う」

スウェーデン、虎の子の1点守り切る 指揮官「選手を誇りに思う」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選プレーオフは13日、イタリアのミラノでホームアンドアウェー方式によるイタリア-スウェーデンの第2戦が行われ、前回まで14大会連続出場で優勝4度の実績を持つイタリアが敗退した。W杯出場を逃すのは1958年大会以来。スウェーデンは3大会ぶり12度目の出場。

 スウェーデンがイタリアを破り、3大会ぶりのW杯出場を決めた。ホームの第1戦で奪った虎の子の1点を守り切り、アンデション監督は「技術で上回る相手に、あれ以外の方法はなかった。本当に選手を誇りに思う」と喜んだ。

 26本のシュートを浴びたが、DFの4人を軸に、体の強さを生かしてゴール前で相手に自由を与えなかった。さらにCKでは全員がペナルティーエリアで守るなど、驚異的な集中力で作戦を遂行。FWベリは「俺たちはどんな状況でも助け合ってきた。自分たちの強みを信じて戦えた」と胸を張った。(共同)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. スウェーデン、虎の子の1点守り切る 指揮官「選手を誇りに思う」