2017.11.14 23:49(1/14ページ)

『Goal 50』公開! 2017年最高の選手50人の1年を一挙紹介

『Goal 50』公開! 2017年最高の選手50人の1年を一挙紹介

 今年も『Goal 50』の季節がやってきた。

 今回はついに『Goal 50』のランキングの発表。50人のスタープレイヤーたちの2017年を振り返る。

 ■2017年『Goal 50』のランキングは?

 50. トーマス・レマル

 2015年夏にカンから移籍し、モナコでの素晴らしい1年目のシーズンを過ごした。この1年、世界で最もエキサイティングなウィンガーとしての地位を確立したことに疑いの余地はない。

 モナコがリーグ・アン優勝を果たした昨シーズンは9ゴールを記録した。彼の活躍に目をつけたアーセナルは今夏の移籍市場最終日に1億ユーロ(約132億円)のオファーを出した。そのオファーをモナコは退けたことが、レマルをどれだけ高く評価しているかを示している。

 49. バス・ドスト

 2016年夏に1100万ユーロ(約14億5000万円)の移籍金でウォルフスブルクからスポルティングCPに移籍。昨シーズンはポルトガルリーグにおいて、31試合に出場して34ゴールを記録し、得点王に輝いた。

 その活躍ぶりもあり、冬のエバートン移籍もうわさされている。『Goal 50』へは、初のノミネートとなった。

 48. ナビ・ケイタ

 世界のサッカー界に急速に頭角を現した一人。『Goal 50』に初めてノミネートを果たした。昨シーズンはRBライプツィヒの“心臓”として8ゴール7アシストを記録。ブンデスリーガで2位に入るセンセーショナルなシーズンを送ったチームをけん引した。

 獲得を熱望したリバプールは、7000万ユーロ(約92億7000万円)もの高額な違約金の支払いを決断。22歳のギニア代表は、来シーズンからアンフィールドでプレーすることが決まっている。

 47. ジエゴ・コスタ

 2017年夏にチェルシーからAマドリードに復帰。アントニオ・コンテ監督の構想から外れたことばかりがクローズアップされがちだが、プレミアリーグ制覇に大きく貢献した事実は見落とされるべきではない。

 チェルシーでリーグ20得点を挙げたストライカーが、『Goal 50』で3度目のランクインを果たした。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 『Goal 50』公開! 2017年最高の選手50人の1年を一挙紹介