2017.11.13 23:27

香川の同僚・オーバメヤン、自らバルセロナに売り込みをかけていたという報道を強く否定「つくり話は止めてくれ」

香川の同僚・オーバメヤン、自らバルセロナに売り込みをかけていたという報道を強く否定「つくり話は止めてくれ」

特集:
香川真司
香川の同僚・オーバメヤン、自らバルセロナに売り込みをかけていたという報道を強く否定「つくり話は止めてくれ」

香川の同僚・オーバメヤン、自らバルセロナに売り込みをかけていたという報道を強く否定「つくり話は止めてくれ」【拡大】

 スペインメディアによると、ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンは今夏、自身をバルセロナに売り込んだという。だが、選手が『ツイッター』でそれを否定した。

 オーバメヤンは今夏、パリサンジェルマン(PSG)やACミランに向かう可能性が盛んに報じられた。しかしドルトムントが内部で設定していた7月末と見られる“移籍期限”が過ぎても移籍は実現せず、結局は同クラブに残ることになった。

 一方『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナはフランス代表FWウスマン・デンベレを獲得する前に、オーバメヤンから売り込みをかけられたという。ネイマールがPSGに渡ったあと、オーバメヤン側がジョゼップ・マリア・バルトメウ会長に連絡を取ったものの、最終的にカタルーニャのクラブから断られたことを伝えられている。

 しかしながら、オーバメヤンはこの報道を一蹴。「まったく真実ではない!」「つくり話は止めてくれ」と全面的に否定している。

 スペイン人の母を持つオーバメヤンだが、Rマドリードのファンだった祖父に「いつかRマドリードでプレーする」と約束していたことは広く知られている話。そんな夢を追っていた同選手が、ライバルクラブに自らをオファーすることは考え難いかもしれない。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 香川の同僚・オーバメヤン、自らバルセロナに売り込みをかけていたという報道を強く否定「つくり話は止めてくれ」