2017.11.11 00:57

長友、100試合目で主将も「キャプテンは長谷部さんだと思っている」

長友、100試合目で主将も「キャプテンは長谷部さんだと思っている」

特集:
長谷部誠
長友佑都

 国際親善試合(10日、日本1-3ブラジル、フランス・リール)長友が代表通算100試合目で主将マークを巻いた。定位置の左サイドバックでフル出場し「100試合ということで監督が任せてくれたが、代表のキャプテンは長谷部さんだと思っている」と話した。

 序盤はマッチアップしたビリアンらに押し込まれたが、時間の経過とともに攻撃参加する回数も増えた。「後半はチーム全体が恐れずに前から(プレスに)行けた。それを90分できるかが課題」と今後に向けて改善点を挙げた。(共同)

田嶋幸三・日本サッカー協会会長の話「ブラジルはシンプルなプレーを正確にやっている。もちろん個人の力の差、スピードの差もあるが、そこを突き詰めて、どう縮めるか考えないと。負けたが、収穫は多かった」

西野朗・日本サッカー協会技術委員長の話「こういう試合は守備のリズムを取るまでに、どうしても時間はかかる。そこで失点してしまった。プレスが中途半端になり、そこで逆に相手をスピードに乗せてしまった」

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 長友、100試合目で主将も「キャプテンは長谷部さんだと思っている」