2017.11.10 18:35(1/9ページ)

【ナビ・ケイタの物語】家族、友人、挫折と夢…アフリカの路上から夢をかなえるまで

【ナビ・ケイタの物語】

家族、友人、挫折と夢…アフリカの路上から夢をかなえるまで

【ナビ・ケイタの物語】家族、友人、挫折と夢…アフリカの路上から夢をかなえるまで

【ナビ・ケイタの物語】家族、友人、挫折と夢…アフリカの路上から夢をかなえるまで【拡大】

 ナビ・ケイタ。10歳。

 場所はギニアの首都コナクリの近くにあるコレヤという街のストリート。

 ピッチはない。ゴールはない。サッカーボールもない。あるのは何の変哲もない街角と、普段は別の目的で使われている“ボールと呼ばれるモノ”、そして“ゴールと言われる石ころ”だけだ。もちろん、スパイクはない。それどころか、靴すら履いていない。

 そんな環境の中で、ケイタは育った。

 裸足でボールを蹴り、鋭いターンで2人のマーカーをかわし、敵陣へと突進する。着ているのはおさがりのユニフォームだ。後ろから引っ張られても、動じるどころか、さらにスピードに乗っていく。

 相手を置き去りにし、スペースを見つけて“ボールと呼ばれるモノ”を“ゴールと言われる石”の間に蹴り込む。ゴールが決まると、ケイタ少年は喜びを爆発させる。その横を、当たり前のように車が通り過ぎていく。

 「これが普通のことだったんだ」

 『Goal 50』への選出に伴って行ったインタビューで、サッカー漬けだった少年時代を振り返ってくれた。

 「僕たちは広いスペースがあればどこでだってプレーしてたんだ。一番多いのは路上だった。だから車を避けながらプレーしないといけなかったんだ! 何度もぶつかったよ。でも、場所を失いたくなかったからそこでプレーを続けたんだ。僕とボールを切り離せるものはなかったし、ストリートで多くのことを学んだよ。スパイクは持っていなかったから、僕たちは裸足でボールを蹴っていた。たまに履いたとしても、靴はボロボロだったな。もらったサッカーのシャツは宝物だった」

 「僕は特に小柄だったから、すべてのことと戦わなくちゃいけなかった。プレーするチャンスを作ること、ボールを奪うこと、周囲からリスペクトを得ること……。だから、車なんかじゃ僕を止められなかったんだ。どこであっても攻撃的なプレーをしていた。それは僕のポジションではとても大切なことなんだ。今の自分にとって大切なことを、僕はストリートで学んだんだ」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 【ナビ・ケイタの物語】家族、友人、挫折と夢…アフリカの路上から夢をかなえるまで