2017.11.9 20:12(1/2ページ)

インテル・イカルディ、抗議の的から絶対的エースに わずか1年で立場に変化

インテル・イカルディ、抗議の的から絶対的エースに わずか1年で立場に変化

インテル・イカルディ、抗議の的から絶対的エースに わずか1年で立場に変化

インテル・イカルディ、抗議の的から絶対的エースに わずか1年で立場に変化【拡大】

 ちょうど1年前の出来事だ。マウロ・イカルディは自伝本で綴ったインテルミラノサポーターへの辛辣な内容について、サポーターから抗議を受けていた。しかし当時、猛抗議をして自宅前まで押し掛けたサポーターは今、彼に感謝しているだろう。

 イカルディは今シーズン、好調インテルミラノの絶対的エースとなっている。ミラノダービーでのハットトリックを始め、今季はゴールを量産しており、インテルミラノサポーターは目標とするヨーロッパの舞台へ復帰する望みを彼に託している。2011-12シーズン以来チャンピオンズリーグから遠ざかっているインテルミラノにとって、今季はまたとないチャンスである。24歳のイカルディにとってもそれは同じだ。通算得点は100ゴール近くに迫るが、彼はかの有名なアンセムを聞き、プレーする名誉をいまだ経験していない。

 もちろんこの先の道のりはまだ長い。だからこそ、チームメイトもファンも夢を託す相手がイカルディに他ならないのだ。昨年の10月16日のできごとは、イカルディにとって自身のキャリアにおける最悪の瞬間だったかもしれない。サポーターは抗議のチャントを歌い、横断幕を掲げた。彼の元には脅迫文や声明文が届き、自宅前まで押し掛けるサポーターも現れた。そしてついには移籍のうわさまで流れた。

 それから1年の月日が流れたが、今となっては、それももはや遥か遠くの出来事に聞こえる。以降、イカルディは公式戦において30ゴール以上を挙げており、キャプテンとしてまさにチームをけん引している。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. インテル・イカルディ、抗議の的から絶対的エースに わずか1年で立場に変化