2017.11.6 19:28(1/4ページ)

ようやく発せられた“メッセージ” C・ロナウドの「契約延長を望んでない」発言の真意とは

ようやく発せられた“メッセージ” C・ロナウドの「契約延長を望んでない」発言の真意とは

ようやく発せられた“メッセージ” C・ロナウドの「契約延長を望んでない」発言の真意とは

ようやく発せられた“メッセージ” C・ロナウドの「契約延長を望んでない」発言の真意とは【拡大】

 Rマドリードが危機に陥っている。それは最近の試合結果からだけではなく、「ウェンブリー・スタジアム」でメディアに向けて発言したジネディーヌ・ジダン監督、ナチョ・フェルナンデス、セルヒオ・ラモス、クリスティアーノ・ロナウドといったチームのメンバーから垣間見える態度や素振りからも伺えることだ。チームの7番を背負うC・ロナウドは普段、ミックスゾーンではほとんどメディアの問いかけに耳を貸さない。何らかの機会や特別な理由がない限りは--。

 ■「契約更新を望んでない」という発言の真意とは

 10月31日のウェンブリー・スタジアム。C・ロナウドは、“ロス・フ?ランコス”を代表してチームに起きていることをファンに説明することを望んだ。それは必要なことだった。そしてこのポルトガル人は、いつものようにはっきりと語った。言い淀むことなく、滑らかに。

 「たとえ5試合に負けたとしてもチームにクライシス(危機)はない。みんないつもすぐに忘れてしまう。我々は戻ってくる。Rマドリードはほぼ全試合勝利で終えるんだ。メンバー構成が悪くなったわけじゃない。ただ、経験が少ないのは確かだ。僕は自分のゴールが少ないことについてはとても落ち着いている。残してきた数字はすぐに見られる。“クリスティアーノ コ?ール”とGoogleで検索すれば、すべて出てくるさ」。レアルが直面しているクライシスに関するC・ロナウドの言葉には、耳を傾ける価値があるだろう。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. ようやく発せられた“メッセージ” C・ロナウドの「契約延長を望んでない」発言の真意とは