2017.11.6 07:41

モラタ決勝点!チェルシーがホームでマンUを撃破

モラタ決勝点!チェルシーがホームでマンUを撃破

モラタ決勝点!チェルシーがホームでマンUを撃破!

モラタ決勝点!チェルシーがホームでマンUを撃破!【拡大】

■プレミア第11節 チェルシー 1-0 マンチェスター・U

 チェルシー:モラタ(55分)

 現地時間5日、イングランド・プレミアリーグ第11節が行われ、チェルシーとマンチェスターUによる上位対決は1-0でチェルシーに軍配が上がった。

 ハダーズフィールド・タウン相手に不覚を取ったものの、今シーズンここまでわずか1敗のユナイテッドに対し、チェルシーはすでにリーグで3敗を喫し、直近のチャンピオンズリーグではローマ相手に0-3で完敗。ショッキングな敗戦から気持ちを切り替え、ユナイテッドとの上位対決に臨んだ。

 上位対決らしく、立ち上がりから互いにインテンシティの高い攻防を見せる中、最初のチャンスを掴んだのはチェルシー。7分、カウンターからセスク・ファブレガスのロングパスを左サイドで受けたマルコス・アロンソのアーリークロスを、中央で待つモラタの手前でスモーリングがクリア。これがそのまま自分のゴールに突き刺さるが、モラタのファールという判定に救われる。

 直後、ユナイテッドに決定機。右サイドの細かいパスワークから逆サイドに展開し、受けたアシュリー・ヤングのクロスに呼応したマーカス・ラッシュフォードがフリーとなって頭で合わせるも、ゴール上へとわずかに外れる。

 その後はホームのチェルシーが攻勢に出る。アルバロ・モラタの安定したポストプレーを起点に、エデン・アザール、セスクがよくボールに絡んでリズムを作り、ユナイテッドは徐々にラインが下がって受身に回ってしまう。ここ6試合無得点と鳴りを潜めているロメル・ルカクに良い形でボールが収まらず、我慢の時間帯が続いた。

 チェルシーがペースを握りながらもGKダヴィド・デ・ヘアの牙城を崩せず、スコアに動きのないまま迎えた後半、やはり得点の匂いがするのはチェルシー。53分、左サイドでボールを奪い返したセスクのクロスを、ゴール前に走り込んできたアザールがダイレクトボレーで合わせる。後方から来るボールを上手く左足で捉えたが、これはGKデ・ヘアの正面に飛んでしまう。

 迎えた55分、セスクのサイドチェンジから、右サイドを駆け上がったセサル・アスピリクエタのアーリークロスをゴール前フリーとなっていたモラタが頭で合わせる。名手デ・ヘアもただただボールを見送るしかない完璧なヘディングがゴール右へと吸い込まれ、攻勢のチェルシーがようやく均衡を破った。

 先制を許し、なおかつ反撃の糸口が掴めないユナイテッドは62分、存在感のなかったヘンリフ・ムヒタリャンに代えてアントニー・マルシャル、フィル・ジョーンズに代えてマルアン・フェライニと、一気に2枚替えを敢行。一方のチェルシーはダヴィデ・ザッパコスタに代えてアントニオ・リュディガーを投入する。

 勝負に出たユナイテッドだが、交代して入ったばかりのフェライニが65分に自陣でボールを失ってピンチを招くと、75分にも中盤でボールを失い、ティエムエ・バカヨコがそのままシュートまで持ち込むもゴール右へと外れる。

 78分、ユナイテッドはヤングに代えてジェシー・リンガードを投入し交代枠を使い切ると、チェルシーも中盤で出色の出来だったセスクを下げてダニー・ドリンクウォーターを投入し、逃げ切り態勢を整える。

 残り10分を切ると、ユナイテッドはフェライニを前線に上げて、ルカクとともにパワープレーの起点をさせようと試みるが、この日のチェルシーはダヴィド・ルイスを欠く中でも安定した守備を披露し、ユナイテッドに決定機を作らせない。フェライニとルカクを目掛けてロングボールを送るものの、こぼれ球はことごくエンゴロ・カンテが拾ってカウンターに繋げる。

 87分にはセットプレー崩れから、こぼれ球を拾ったラッシュフォードのミドルがゴール右へわずかに外れる。90分には、ロングパスをゴール前で胸トラップしたフェライニがすかさず左足でシュートを放つも、GKクルトワがしっかりと反応。アディショナルタイムは4分と長めに取られたが、最後までユナイテッドにゴールを許さなかったチェルシーが1-0で競り勝ち、リーグ戦3連勝を飾った。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. モラタ決勝点!チェルシーがホームでマンUを撃破