2017.11.4 11:44

“大逆転劇の立役者”大迫をケルン指揮官が絶賛 「本来の姿を見せてくれた」/EL

“大逆転劇の立役者”大迫をケルン指揮官が絶賛 「本来の姿を見せてくれた」/EL

“大逆転劇の立役者”大迫をケルン指揮官が絶賛 「本来の姿を見せてくれた」/EL

“大逆転劇の立役者”大迫をケルン指揮官が絶賛 「本来の姿を見せてくれた」/EL【拡大】

 ケルンは2日、ヨーロッパリーグ(EL)第4節でBATEボリソフに5-2で逆転勝利を収めた。ペーター・シュテーガー監督は後半開始からの出場しながら、2ゴール1アシストをマークしたFW大迫勇也の活躍を称賛した。

 リードを奪うも前半のうちに逆転を許してしまったケルンだが、シュテーガー監督は後半開始から大迫を投入。そうすると、日本代表FWは54分にペナルティーアークから豪快な同点ミドル弾を決めると、82分にはチーム4点目、さらに終了間際にはダメ押し弾のアシストを記録している。

 UEFAによりこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた大迫について聞かれたシュテーガー監督は試合後「ありがたいことにユウヤは本来我々が知る姿を見せてくれた」と安堵の様子でコメント。

 また「今シーズンはその姿を残念ながらあまり多く見せていなかったが、彼は優れたプレーヤーであることには疑いはない。彼は我々のゲームを本当に活性化してくれた」と述べ、大迫を褒め称えている。

 今夏、中国に渡ったFWアンソニー・モデストが残した穴を埋める存在として、周囲の大迫に対する期待も大きい。『キッカー』が伝えたコメントによると、指揮官は「『君がすべてを背負う必要はない』ということを伝えることも大事」とターンオーバーを用いて重圧を軽減する必要性もあるとしつつ、「今日は、彼はとても上手くやってくれた。彼が我々のゲームにおいて重要な要素であることは言うまでもない」と続けた。

 大逆転劇の立役者となり、チームをELでの初勝利に導いた大迫。勝ち点2で最下位に低迷するブンデスリーガでは5日にホッフェンハイムと対戦するケルンだが、今後の大迫の起用法にも注目したいところだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. “大逆転劇の立役者”大迫をケルン指揮官が絶賛 「本来の姿を見せてくれた」/EL