2017.11.2 19:27

宮崎・鵬翔高サッカー部が選手権県予選を辞退 部員の喫煙・飲酒発覚で

宮崎・鵬翔高サッカー部が選手権県予選を辞退 部員の喫煙・飲酒発覚で

 宮崎市の私立鵬翔高校サッカー部の男子部員4人が昨夏、居酒屋で飲酒や喫煙をしていたことが2日分かった。部に関係のない女性教員も同席していた。鵬翔高サッカー部は全国高校サッカー選手権で優勝経験もある強豪。同校は3日に予定されている同選手権宮崎県大会の準決勝出場を辞退すると明らかにした。

 女性教員は既に別の学校に移っているため、同校は部員のみを近く特別指導(処分)するとしている。出場辞退について日向加穂子教頭は「未成年者の飲酒、喫煙という社会的違反行為を重く受け止めた」と話した。

 宮崎県に情報提供があり発覚した。同校の聞き取りに対し、4人は女性教員と訪れた宮崎市内の店で飲酒したことを認め、うち1人は喫煙も認めたという。

 女性教員は英語の非常勤講師として2015年4月から16年3月まで鵬翔高に勤め、サッカー部を応援していたという。部員たちと学校外で交遊し、食事も昨年8月まで10回程度していた。

 鵬翔高は高校サッカー選手権の全国大会に13回出場。2012年度には宮崎県勢として初優勝している。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 宮崎・鵬翔高サッカー部が選手権県予選を辞退 部員の喫煙・飲酒発覚で