2017.10.31 18:12

5戦連続先発の長友、伊複数メディアは及第点も「最近の試合と比較すると1歩後退」

5戦連続先発の長友、伊複数メディアは及第点も「最近の試合と比較すると1歩後退」

特集:
長友佑都
5戦連続先発の長友、伊複数メディアは及第点も「最近の試合と比較すると1歩後退」

5戦連続先発の長友、伊複数メディアは及第点も「最近の試合と比較すると1歩後退」【拡大】

 インテルミラノに所属する日本代表のDF長友佑都は、ヴェローナ戦で5試合連続で先発出場を果たした。イタリアメディアから及第点の評価を得ている。

 インテルミラノは30日、セリエA第11節でヴェローナと敵地で対戦。GKサミル・ハンダノビッチがPKを与えるなど、昇格組のヴェローナを相手に苦しむ場面も見られた。しかしインテルミラノは67分、MFイヴァン・ペリシッチのゴールで勝ち越しに成功。2-1で勝利を収め、今シーズン開幕以降続いている無敗記録を更新した。長友はメディアの予想通りスターティングメンバーに名を連ね、フル出場を果たしており、まずまずの評価を受けた。

 『コリエレ・デラ・セーラ』は長友に対し及第点となる「6」を与えている。この日の出来について、「最近の試合と比較すると1歩後退。いずれにせよ後半は良くなった」と指摘。FWホセ・カジェホンの封印に成功したナポリ戦や、スタンディングオベーションを受けたサンプドリア戦のパフォーマンスと比べると見劣りしたとの見解だ。なおチーム内最高評価は得点をマークしたMFボルハ・バレロとペリシッチの「7」、最低評価はPKを献上したハンダノビッチおよび、このシーンに絡んだDFダニーロ・ダンブロージオの「5」となっている。

 『ユーロスポーツ』も同様に長友に「6」を与え、及第点との評価を下した。「ヴェローナは主に彼のサイドから攻撃したが、日本人選手は上手くシャットアウトした。だがロムロのスピードには苦しめられた」とコメント。ヴェローナの攻撃を封じていたものの、ブラジル出身のMFには手を焼いていたと指摘した。最高評価はペリシッチらの「6,5」、最低評価は不発に終わったFWマウロ・イカルディの「5」となっている。

 また『メディアセット』も長友に対し「6」の評価を下したほか、『スカイスポーツ』は6,5と高評価を与えている。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 5戦連続先発の長友、伊複数メディアは及第点も「最近の試合と比較すると1歩後退」