2017.10.30 11:51(1/3ページ)

柴崎獲得のヘタフェSDが分析 スペインが日本人の鬼門だった“意外な理由”とは?

柴崎獲得のヘタフェSDが分析 スペインが日本人の鬼門だった“意外な理由”とは?

特集:
柴崎岳
柴崎獲得のヘタフェSDが分析 スペインが日本人の鬼門だった“意外な理由”とは?

柴崎獲得のヘタフェSDが分析 スペインが日本人の鬼門だった“意外な理由”とは?【拡大】

 一昔前まで、スペインは日本人選手にとって「鬼門」と呼べるリーグだった。

 数々の日本代表プレーヤーが挑戦してきたものの、高い壁に跳ね返され続けてきた。イタリアにおける中田英寿や長友佑都、ドイツにおける香川真司や長谷部誠のように「このリーグといえばあの人」といった象徴的な選手が出てこなかったのだ。

 乾貴士(エイバル)の登場によってようやく扉は開かれたが、他国に比べると活躍へのハードルは高いように感じられる。

 なぜ、リーガ・エスパニョーラで活躍することがとりわけ難しいのだろうか?

 この疑問をテーマとした識者の見解を見ていくと「技術面やフィジカル面、あるいは文化的な要因により活躍が阻まれていた」とするものが数多く見受けられる。確かに、多くの日本人が活躍するドイツは、スペインに比べるとリーグ全体の技術レベルで劣る面がある。多くの日本人選手が技術を持ち味に活躍してきた点を踏まえると、一理ある見解と言っていいだろう。

 一方、ヘタフェのスポーツ・ディレクターを務めるラモン・プラネスは異なる見解を示す。彼は柴崎岳をチームに招き入れた張本人であり、「ガクはリーガで通用する力がある」と考える人物だ。

 なぜ、彼はそう確信を持って言えるのか? リーガが日本人選手の鬼門だった理由とは? 『Goal』の独占インタビューで、その考えを明かしてくれた。

 ■日本人選手がリーガで輝けなかったワケ

 プラネスは日本人選手がスペインで成功をつかめなかった理由の一つに「ドイツ」を挙げている。極東の選手たちが欧州に渡る際、ソーセージとビールの国が“停留所”になっているというのだ。

 「リーガ・エスパニョーラでも、日本人選手たちは意識されている存在です。しかし、これまで時代を代表する選手たちがやって来たわけではありませんでした。日本代表の主力など、トップレベルと形容できる重要な選手はほとんどやって来なかったというのが現実です。“そういった”日本人はまずドイツに移籍し、あの国の重要なクラブで成功をつかんできました」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 柴崎獲得のヘタフェSDが分析 スペインが日本人の鬼門だった“意外な理由”とは?