2017.10.29 16:00

大迫「あれだけ引いたからには守ってもらわないと」 逆転負けを喫し、守備陣に苦言

大迫「あれだけ引いたからには守ってもらわないと」 逆転負けを喫し、守備陣に苦言

特集:
大迫勇也
大迫「あれだけ引いたからには守ってもらわないと」 逆転負けを喫し、守備陣に苦言

大迫「あれだけ引いたからには守ってもらわないと」 逆転負けを喫し、守備陣に苦言【拡大】

 ケルンの日本代表FW大迫勇也が、いまだリーグ戦で未勝利の続く厳しい状況で取材に応じている。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

 ケルンは28日、ブンデスリーガ第10節でレーバークーゼンと対戦。大迫は右サイドのアタッカーとして先発出場を果たした。試合はアウェーのケルンが先制したものの、大迫にとって簡単ではない試合展開だったようだ。

 「サイドだったので、守備しかできなかったですね。(ペーター・シュテーガー)監督が思う感じでは僕とレオ(ビッテンコート)のところにボールがよく来るので、そこでボールを納めて起点になってくれ、という感じでしたけど、なかなか押し込めなかったので、守備の時間が増えましたね」

 その後、大迫は慣れ親しんだトップの位置に戻ったが、2失点で逆転負け。後半の失点が早すぎたとも語り、守備陣に苦言を呈した。

 「あれだけ引いたからにはやっぱり守ってもらわないときついですね。簡単に崩されて真ん中をやられたので、あれはちょっと良くないと思いますけど。1-0のままで進めば2-0にできるチャンスができるので。相手も焦って前掛りになると思うし。そこをうまくコントロールできていないというか。チームとしてもっとうまくやりたいですね」

 コンディション的には悪くないと話す大迫。いまだブンデスリーガ未勝利で最下位に沈むチームを救う活躍が求められる。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 大迫「あれだけ引いたからには守ってもらわないと」 逆転負けを喫し、守備陣に苦言